番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎月第3水曜日 22:00~22:30

音楽家・渋谷慶一郎と、編集者の嶋浩一郎が、毎回いまのめりこんでいるテーマでトークを繰り広げるラジオ番組。
音楽だけではなくあらゆる分野で博識の二人が、「今すぐに役に立たない情報の中に、本質的な知識が見つかる」というコンセプトで、音楽を中心に文学・社会・文化などさまざまな分野について二人の「持論」を展開中

新着記事

岡本太郎がアートの才能を見出した、意外な人物とは

2022.01/19 スタッフ 記事URL

渋谷慶一郎と嶋浩一郎の「ラジオ第二外国語 〜今すぐには役に立たない知識〜」の
2022年1月19日放送のトークテーマは

『岡本太郎』

「芸術は爆発だ!」の名言でお馴染みの芸術家、岡本太郎。
片岡鶴太郎のアートの才能を見出しのは岡本太郎だったという、今すぐには役に立たない知識でスタートしたトーク。本人による美術評論書『今日の芸術』を引き合いに出して、「当時の美術の解釈を全部リライトした人」と嶋氏が評す一方、渋谷氏は育った環境に注目。そして「アーティストの芸術性には母親の奔放な行動が影響する」という仮説を、自身の赤裸々なエピソードを交えて語り出す。

毎回、テーマの人物を独自の視点でまとめた、最後の一言「岡本太郎は○○○○○○○○だ」も必聴です!!


〈番組へのメッセージを募集中〉

番組のご感想や取り上げてほしい人物などのご意見を、ハガキやSNSで募集しています。たくさんのメッセージ、ツイートをお待ちしております!

ハガキの宛先は、〒105-8565 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー ラジオ日経「ラジオ第二外国語」係り
ツイッターなどSNSのハッシュタグは、#ラジオ第二外国語

谷崎潤一郎は現代美術的な視点で小説を書いていた?

2021.12/15 スタッフ 記事URL

渋谷慶一郎と嶋浩一郎の「ラジオ第二外国語 〜今すぐには役に立たない知識〜」の
本年最後、2021年12月15日放送のトークテーマは

『谷崎潤一郎』

『痴人の愛』や『細雪』で知られる文豪、谷崎潤一郎。数ある作品を通して「映画のプロットに近い」と評する嶋氏は、あだち充の漫画を引き合いに、その魅力を語る。
渋谷氏も「コンセプチュアルなタイトルや状況設定の考え方が現代美術的な人」と分析。そして、「谷崎潤一郎は40回以上も住居を変えた、引越しマニアだった」という今すぐには役に立たない知識たちも。

毎回、テーマの人物を独自の視点でまとめた、最後の一言「谷崎潤一郎は○○○○○○○○だ」も必聴です!!


〈番組へのメッセージを募集中〉

番組のご感想や取り上げてほしい人物などのご意見を、ハガキやSNSで募集しています。たくさんのメッセージ、ツイートをお待ちしております!

ハガキの宛先は、〒105-8565 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー ラジオ日経「ラジオ第二外国語」係り
ツイッターなどSNSのハッシュタグは、#ラジオ第二外国語

特撮の神様、円谷英二は街を歩くとビルの壊し方ばかり考えていた!?

2021.11/17 スタッフ 記事URL

渋谷慶一郎と嶋浩一郎の「ラジオ第二外国語 〜今すぐには役に立たない知識〜」の
2021年11月17日放送のトークテーマは

『円谷英二』

ウルトラマンやゴジラの生みの親であり、"特撮の神様"と呼ばれる円谷英二。

"つぶらやえいじ"は芸名で、本名は"つむらやえいいち"という、今すぐ役に立たない知識からはじまるトークは、「人生がドラマみたいな人」と嶋氏が称する、激動の生涯を振り返ります。さらに「街でビルを見かけると、その壊し方ばかり考えていた」という、特撮監督らしいエピソードも。

毎回、テーマの人物を独自の視点でまとめた、最後の一言「円谷英二は○○○○○○○○だ」も必聴です!!


〈番組へのメッセージを募集中〉
番組のご感想や取り上げてほしい人物などのご意見を、ハガキやSNSで募集しています。たくさんのメッセージ、ツイートをお待ちしております!

ハガキの宛先は、〒105-8565 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー ラジオ日経「ラジオ第二外国語」係り
ツイッターなどSNSのハッシュタグは、#ラジオ第二外国語 

カミーユ・クローデルの才能がロダンとドビッシューを虜にした?

2021.10/20 スタッフ 記事URL

渋谷慶一郎と嶋浩一郎の「ラジオ第二外国語 〜今すぐには役に立たない知識〜」の
2021年10月20日放送のトークテーマは

『カミーユ・クローデル』

ロダンの弟子であり、愛人でもあったフランスの彫刻家、カミーユ・クローデル。
才能があるが故に仕事と恋愛の狭間で揺れ動く複雑な心理を分析する嶋氏と、ドビッシューとも繋がりがあったことを通して、パワフルな芸術家に惹かれる情熱的な女性だったと、その魅力を語る渋谷氏。さらにそこから「ドビッシューはカミーユの作品を仕事部屋に飾っていた」「葛飾北斎の『北斎漫画』をプレゼントしたのはカミーユ」など、二人の今すぐには役に立たない知識が溢れ出す!

毎回、テーマの人物を独自の視点でまとめた、最後の一言「カミーユ・クローデルは○○○○○○○○だ」も必聴です‼︎


〈番組へのメッセージを募集中〉
番組のご感想や取り上げてほしい人物などのご意見を、ハガキやSNSで募集しています。たくさんのメッセージ、ツイートをお待ちしております!

ハガキの宛先は、〒105-8565 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー ラジオ日経「ラジオ第二外国語」係り
ツイッターなどSNSのハッシュタグは、#ラジオ第二外国語

日本が誇る現代音楽家、武満徹は独学の天才だった?

2021.09/15 スタッフ 記事URL

渋谷慶一郎と嶋浩一郎の「ラジオ第二外国語 〜今すぐには役に立たない知識〜」の
2021年9月15日放送のトークテーマは

『武満徹』

西洋音楽に和楽器を取り入れ、世界を驚かせた日本の現代音楽家、武満徹。
東京藝大の学生時代、表向きは"アンチ武満徹"を気取っていたと言う渋谷氏。その理由は、同級生がみんな武満ファンで、あまりにも周りに影響を与えていたから!
そこで嶋氏が披露したのが武満徹の驚きの独学方法。ボール紙で作った紙ピアノや他人のピアノで行う練習とは...?

毎回、テーマの人物を独自の視点でまとめた、最後の一言「武満徹は○○○○○○○○だ」も必聴です‼︎


〈番組へのメッセージを募集中〉
番組のご感想や取り上げてほしい人物などのご意見を、ハガキやSNSで募集しています。たくさんのメッセージ、ツイートをお待ちしております!

ハガキの宛先は、〒105-8565 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー ラジオ日経「ラジオ第二外国語」係り
ツイッターなどSNSのハッシュタグは、#ラジオ第二外国語

盗難事件も伝説となるムンクの『叫び』が生まれた背景とは

2021.08/18 スタッフ 記事URL

渋谷慶一郎と嶋浩一郎の「ラジオ第二外国語 〜今すぐには役に立たない知識〜」の
2021年8月18日放送のトークテーマは

エドヴァルド・ムンク

名画『叫び』でお馴染みのノルウェーの画家、エドヴァルド・ムンク。
嶋氏は『叫び』の誕生秘話や国立美術館で起きた盗難事件の顛末など、名画にまつわる逸話を語り、渋谷氏はアーティストとしての視点で、ムンクの作家性や心象風景を鋭く分析。

毎回、テーマの人物を独自の視点でまとめた、最後の一言「エドヴァルド・ムンクは○○○○○○○○だ」も必聴です‼︎


〈番組へのメッセージを募集中〉

番組のご感想や取り上げてほしい人物などのご意見を、ハガキやSNSで募集しています。たくさんのメッセージ、ツイートをお待ちしております!

ハガキの宛先は、〒105-8565 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー ラジオ日経「ラジオ第二外国語」係り
ツイッターなどSNSのハッシュタグは、#ラジオ第二外国語

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

渋谷 慶一郎
しぶや けいいちろう
嶋 浩一郎
しま こういちろう

パーソナリティ一覧はコチラ