2020年10月マンスリーゲスト ジャアバーボンズYASUさん・TAKANOさん [LOGOS presents CAMP RADIO]
2020/10/01(木) 22:30

10月のマンスリーゲストは、沖縄出身5人組バンド、ジャアバーボンズのボーカルYASUさんとTAKANOさん。ジャアバーボンズはツインボーカルのバンドですが「ギター担当の志門がちょっとずつ歌い出してきて、スリーボーカルになってる!」と最初からバンドの内情ぶっちゃけるTAKANOさん。「最終的には楽器を置き、ゴスペラーズを目指す」と冗談をとばすと、「合唱バンド?!」と切り返すMEGUMIさん。初対面とは思えないほど、和気あいあいとした雰囲気でスタートしました。MEGUMIさんがプロフィールを見ながらメンバーのお話を伺うと、衝撃的な事実が発覚!顔が濃く「完全に沖縄の方だと思った」とMEGUMIさんに言わしめるYASUさん。実は唯一、沖縄出身ではなく、東京都板橋区出身で皇居近くの学校に通っていた程の生粋の都会っ子。お母さんが宮古島出身で、宮古島にも沖縄本島にも親戚も多く、沖縄大学に入学し移住したことがきっかけで、ジャアバーボンズのメンバーと出会い、バンドを結成したそうです。さらにもう一つ、MEGUMIさんが驚いたのは、収録ブースの外にベース&カホンを担当している大湾さんがいる!!「僕が2人分の幅を...」と自虐を披露するTAKANOさんでしたが、新型コロナウイルス対策でブース内の密を避けるため、マネジメントも担当する大湾さんには、ブースの外で収録を見守って頂きました。ジャアバーボンズのメンバーはそれぞれ得意なことを担当しながらバンドを運営しています。ちなみに、YASUさんは振り付けを担当しライブ構成、企画や舞台監督の役割。TAKANOさんは、ムードメーカーでありながら、しっとりとしたラブバラードの楽曲も作ります。TAKANOさんは、おじいさんが古典の三線の先生、おばあさまが琴の先生、お父さんはハーモニカが得意という音楽一家のルーツを持ちます。メンバーのKO-Gさんは実の弟で、おじいの形見の三線を持ってステージに上がっています。沖縄を離れるとエイサーや三線の音色が恋しくなり、その良さを再発見できたことから、最近では三線で作曲をすることもあるそうです。

全国で放送されているDyDo"miu"のTVCMに7連続年楽曲を採用されているジャアバーボンズ。「7年連続で楽曲が使われてるって、凄くないですか!」とMEGUMIさんもまたも驚愕。YASUさんは「本当に自分たちでも思うんですけどDyDo"miu"で7年間連続、使ってもらって、まだ売れてないって凄い!」と自らネタにしています。同郷バンド・MONGO800のドラム高里悟(サッシ)さんにも言われたそうですが(笑)、DyDoさんがジャアバーボンズを応援してくれ続け7年経ったことは「すごい素敵な関係を築いてらっしゃるんですね」とMEGUMIさんの一言が心にしみます。

「2歳から94歳までの幅広いファン層を持つ...」と具体的な紹介文が付くなどキャッチーなジャアバーボンズですが、モットーは「いちゃりばちょーでー」。「一度会ったら皆、兄弟」と言う沖縄方言だそうですが「と、言いますと?」とピンとこないMEGUMIさん(笑)。その心は「おもてなしの心が大きい」「ライブでは振り付けを1回教えてから、お客さん一緒にやって、一緒に楽しもう!」「ライブが終わる頃には、隣に引っ越してきたお兄ちゃんぐらいの距離感!」とYASUさんとTAKANOさんが「いちゃりばちょーでー」を説明します。アウェイなライブでも、ライブが終わると「今日、良かった!こうしたら絶対、売れる!」と初めてライブを観に来たお客さんからアドバイスを頂く事あるそうです。色々なおおらかな文化やユニークな沖縄スタイルな話でも盛り上がり、オープンマインドな沖縄の心、文化に憧れ、羨ましがる、沖縄大好きなMEGUMIさんでした。

9月2日 シングル「島心 Shimagukuru 〜HULA〜ver.」、9月16日にシングル「手洗い うがい おまじない」が配信リリースされました。それぞれの楽曲をMEGUMIさんがYASUさんとTAKANOさんにたっぷり伺いました。
「島心 Shimagukuru 〜HULA〜ver.」は、「沖縄を離れ、改めて地元の良さ、地元のおじいやおばあを想いながら作った、初めて三線を入れて作ったインディーズ時代の楽曲」。それから数年経ち、フラダンスをやっている大湾さんの妹さんから「島心 ShimagukuruのHULA ver.を作って欲しい」と言われ、HULA ver.が完成しました。実は、沖縄のエイサーでも「島心 Shimagukuru」がかなりの頻度で使われているそうで、既に沖縄に根差している曲の1つ。エイサーからHULAへ発展する展開は「ありそうでなかった!素晴らしい!」とMEGUMIさん絶賛。「沖縄全体が「島心 Shimagukuru」で包まれてくれたら嬉しいですね」と期待を込めて答えてくれました。
続いて9月16日リリースのシングル「手洗い うがい おまじない」についてのお話。今の時代にフィットした曲だとタイトルから分かります。ジャアバーボンズでも予防できる曲ができたらと作ったそうですが、YouTubeで楽曲の振り付けをアップしたところ、「この歌が頭の中でグルグル回ると好評」と子ども達からは人気を博しています。「子どもって、音楽に合わせてなにかやるのが、すごく好きだから良いですよね!」とMEGUMIさんの母目線で感想を話しています。

さらに4月22日にリリースしたアルバム「チャレンジャア」は、絶賛発売中。DyDo"miu"のTVCMソング「SUNRISE」を含め全10曲が収録されています。「アルバム作りではテーマを決め、一気に曲を作っていきたいんですけど」とTAKANOさん。続く「なかなかねー」の一言がTAKANOさんとMEGUMIさんがハモり、息ピッタリ。ジャアバーボンズのメンバーは全員が作詞作曲出来るため、個性豊かですが楽曲がバラバラで大変だとか。今回のアルバムは「SUNRISE」を軸に色々な曲を入れていきたいと考えていました。「今回、初めてMONGO800のサッシさんをプロデューサーに迎えて、アルバム収録曲の選考や制作、さらに曲作りまで全部、一緒にやってくれました。」とアルバムができるまでを話してくれました。これまでバンドメンバーだけでやってきたため、バンドを客観的に見る人がいなかったそうですが、サッシさんの存在は大きく、ありがたかったそうです。決まっていた収録曲を「本当に、これで良いのか?」と悩んでいた時、サッシさん含めて話し合いをした結果、全然違う選曲になり「おぉ!これでくるか!」と驚かされることも。最終的に出来上がったアルバムは「荒々しい曲もありながら、新しいのもありながら、、、今までのジャアバーボンズとはちょっと変わった感じ」とTAKANOさんが感想を答えてくれました。実はジャアバーボンズはドラムがいないので、レコーディングではサッシさんがドラマーとして参加しています。次回は、サッシさんと電話を繋ぎ、サッシさんから見たジャアバーボンズについてのお話を伺います!お楽しみに。

4月にアルバム「チャレンジャア」をリリースし、11月15日にリリース記念、東京初ホールワンマンをSHIBUYA PLEASURE PLEASUREで開催するジャアバーボンズ。元々は6月に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期。予定より約5ヶ月伸びてしまったため「タイトル忘れました!」と潔く答えるTAKANOさん。YASUさんもライブタイトルを忘れている中、大湾さんから助け船。タイトルは「ハイサイ!わったーチャレンジャア!!!!!」でした。MEGUMIさんのタイトルの第一印象は「めっちゃ明るいですね!明るさが詰まってる!」「ハッピーな感じ!」。「文字だけでも、うるさいですね!」とTAKANOさんは苦笑。ジャアバーボンズは東京でホールでワンマンライブをするのは初の試み。意気込みを伺うと、「ホールでの見せ方とライブハウスでの見せ方は、全然違うので、それが楽しみ」と答えるTAKANOさん。さらに、曲だけじゃ無く、映像等含め楽しいアイディアがたくさんあるそうです。高知県のライブでは「とべとべ」という曲を演奏中、TKANOさんが跳び箱を跳ぶ演出があり、その際、足をひねり靱帯を負傷したとか。今回はどんなライブをホールで見せてくれるのでしょうか。11月15日のライブ、楽しみですね!!


「idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

「idea time5-800」は、アウトドアを最上級に楽しむ方法をLOGOSが提案するコーナーです。このコーナーのパートナーは、LOGOS人気YouTuberどっちゃんです。今回は、ゲストのジャアバーボンズ・YASUさんとTAKANOさんも参加してくださいました。今回紹介するのは、今秋の新商品「たこ焼きボールメーカー」。大き目のたこ焼きが片面9個、2面で18個焼ける優れもの。重さも600gと軽く、取っ手が着脱できるため、コンパクト収納が可能です。

「最近は、アウトドアで粉モノがブーム。手間の掛からず、作るのが楽しめるたこ焼きやお好み焼きが流行っている」と、どっちゃん情報。ホームパーティーでは、たこ焼きを作った経験のあるジャアバーボンズ2人。「アウトドアで焼きそばはあるけど、たこ焼きはない。イメージもあまり無くて、逆にインドアなイメージ。」と流行の先端について行けてない様子(笑)。「確かに!外でまで、やってやろう!って思った事無い!」とMEGUMIさんもジャアバーボンズと同意見。先日、どっちゃんがLOGOS公式YouTube「おそロゴス」で公開した「たこ焼きボールメーカーを使って作る」動画では、たこ焼き以外に「野菜のテリーヌ」と「シュウマイ」を作り大好評。「テリーヌ、キャンプで作るとかレベル高すぎるわ~!」とMEGUMI節。でも、「ちょっとドキっとするかもしれないですね!」と男目線で語るYASUさんには高評価。どっちゃんが「これから毎回、作る!」と決意表明しますが「飽きるでしょ!」とTAKANOさんからのツッコミが冴え渡りました。

MEGUMIさんが「ジャアバーボンズの中で料理する人はいますか?」と質問。YASUさんから「TAKANOが凄いんですよ!グリーンカレーとか、こだわって作ってる。」と絶賛の声。TAKANOさんは「大体、この体型の人って料理しますよね~」と体型からの持論で笑いを起こし、「コブミカンの葉とか取り寄せて...」と料理のこだわりを語りだします。が、MEGUMIさんから「コブミカンの葉を取り寄せてる人、いるいる!!」と、料理好きあるあるを発見し一同さらに大爆笑。そんなTAKANOさんがアウトドアでは良く作る料理は、沖縄料理の「ポーポー」やスイーツを作るとか。照れながら「カンドリーマームを焼いたら美味しですよね」とTAKANOさんが可愛らしい。

番組では「たこ焼きボールメーカー」を使ったアメリカンドッグ風ミニハンバーグやシュウマイの作り方や、TAKANOさん考案「1口サイズのニンジンしりしり」など、アイディアが止まらない内容でお届けしました。番組内で紹介した「たこ焼きボールメーカー」は番組ホームページ、またはLOGOS店頭で是非チェックしてください!
LOGOS番組公式HP;http://campradio.jp/


【ジャアバーボンズの告知】

*11月15日SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて「チャレンジャア」リリース記念ライブ「ジャアバーボンズ 東京初ホールワンマン ハイサイ!わったーチャレンジャア!!!!!」開催。

*10月21日「共」「明日天気になーれ!」2曲同時配信リリース。

*9月2日 シングル「島心 Shimagukuru 〜HULA〜ver.」配信。

*9月16日 シングル「手洗い うがい おまじない」配信。

*4月22日にアルバム「チャレンジャア」をリリース。

*楽曲「SUNRISE」は、DyDo「miu」のCMソングとして絶賛放送中。

その他、ジャアバーボンズの活動は公式HPをチェックしてください。
http://jaabourbonz.com/



番組を聞き逃した方もぜひぜひ番組アーカイブスでお聴きください♪
アーカイブスは番組公式HPからチェックできます!
http://campradio.jp