2020年7月5週目スペシャル [LOGOS presents CAMP RADIO]
2020/07/30(木) 22:30

5週目のある月だけお送りしている「CAMP RADIO 5 週目スペシャル」。ゲストは呼ばず、パーソナリティ・MEGUMIさんだけのフリートークをお楽しみいただけます。
今年は、新型コロナウィルスによる、教科書に載るような出来事や生活が一変するような事が続き、気づけば既に半年が経過。MEGUMIさんは、大変な時期を経験することは、成長する絶好のチャンスだと前向きに捉えています。自粛期間中に始めたリモートドラマ、チャリティー、MEGUMIさんがオーナーを務める「Cafe たもん」の新商品開発など、最近の近況をたっぷりお話してくれました。6月からは既存のお仕事プラス、オンラインとオフラインの仕事のどちらも始まっているので、今まで以上に忙しく過ごしていたそうです。「そんな時だからこそ『やらない事』『人に頼む事』を決めて、整理して日々を過ごしています。そうすることで、自分自身も良い方に意識チェンジできたのではないかと思っています」とポジティブな発言がMEGUMIさんらしいです。

まずは6月から再開されたドラマ撮影現場の新型コロナウィルスの影響による変化について。常に撮影現場では、常に出演者だけでなく、スタッフも全員フェイスシールドを付ける、検温を徹底するなど、感染防止対策は万全にし、撮影に取り組んでいるそうです。朝6時に丸の内に集合し、到着と同時にフェイスシールドをスタッフに手渡されるも、周りに人が一切いない。「付けるけど、誰もいない道で1人フェイスシールド付けて、これ誰に対して?何なんだろう?」と、少し違和感を覚える場面もあったというエピソードも。新しい生活様式を取り入れた、今までとは違う環境になったドラマ撮影現場では、「New World」の到来を感じるとか。そんな中で、ドラマのクオリティーを保つ苦労も多々ありますが、自粛期間中は再放送が多かったため、新しい作品を見たい気持ちや、辛い時だからこそエンタメに癒しを求めたりすることを、MEGUMIさん自身も感じ、エンターテインメントの必要性を再認識していました。

自粛期間中、岡山県のマスクブランド「Joki(ヨキ)」とMEGUMIさんが組み、チャリティーマスクを製作。売り上げは全国のミニシアターと呼ばれる単館系映画館に寄付しました。その理由は、自宅で手軽に映画を楽しめる良さを感じながらも、「映画館では携帯の電源は切り、真っ暗な中で映画とだけ向き合う事が出来るから、旅に行ったかのように心が動いたり、大きな感動を与えたりするなど、これまで沢山救われてきた」という映画館への感謝と、オーナーさんやセレクターさんの趣味が反映された、普段出会うことのないマニアックな映画を楽しむ事が出来る機会が減ること危惧する想いから、寄付を決めたそうです。ミニシアターならではの役割やカルチャーへの影響についても熱く語ってくれました。

5週目スペシャルでは恒例の健康法についてのお話。MEGUMIさんが自粛期間中に出会い、実践していたのがクンダリーニ・ヨガ。ちょっとマニアックなヨガですが、つらい動きに加え強めの呼吸法を取り入れた、ハードなヨガですが、体だけでなく精神面にも効果があると言われているそうです。マインドにも訴えかけ、精神をポジティブに自己肯定感を上げてくれる効果もあるとか。実際MEGUMIさんはクンダリーニ・ヨガのトレーニングを終えた時には、他のヨガとは違った爽快感、スコーンと抜ける感じを体感しているとか。コロナウィルスのこともあり、健康でタフでいなければと感じたMEGUMIさんは、クンダリーニ・ヨガを毎日3分間行って、自分で自分のメンタルも変える意識を強くしたと話してくれました。MEGUMIさんがオンラインで教わっているクンダリーニ・ヨガの先生についても詳しく教えてくれました。興味のある方は、クンダリーニ・ヨガをぜひ試してみてはいかがでしょうか?

番組の最後には、新型コロナウィルスの影響でマスクが日常生活の必須アイテムとなり、メイクについての悩む女性へMEGUMIさんからメイク術のアドバイス。ファンデーション、フェイスパウダーをのせた後、化粧水や水のスプレーを吹き付けるとピタッとファンデーションがフィットするとか?!さらに、マスクを付けることで起こる、健康面や美容面のデメリットと改善点も紹介してくれました。MEGUMIさんはほぼ毎日、音声アプリ「Voicy」で情報満載の約10分間フリートークを更新しています。多彩に渡り、お話を披露してくれた5週目スペシャルでした。


「idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

「idea time5-800」は、アウトドアを最高に楽しむ方法をLOGOSが提案するコーナーです。このコーナーのパートナーは、LOGOS人気You Tuberどっちゃんです。5週目スペシャルのコーナーでは、MEGUMIさんとLOGOSのコラボ・ポンチョのお話。これまで、次回の新作として製作するポンチョのモチーフを3つに決定。グラフィックアーティスト須藤ありささんがデザインしたサーファーのイラストの総柄。写真家NINAさんとコラボしたGRANMA(おばあちゃま)の写真をバックプリントにしたグラフィック。ボーダーの3パターン。

今回はどっちゃんがLOGOS社内アンケートによる「GRANMA」の最終候補写真の結果を発表。1番人気は、帽子を被ったおばあちゃまが鼈甲のサングラスを掛けて手を添えている写真。MEGUMIさんも大満足で、1番人気の写真を採用することに。写真に合うポンチョのベース(生地)の色を、赤か白かで悩んだ結果、、、汚れを気にせずに使えるから「赤に決定!」と言うはずが、「黒に決定!」と、言い間違えるMEGUMIさん。どっちゃんも「急に黒が?!」と一瞬焦りを見せますが、MEGUMIさんが笑いながら「赤で!」と言い直す場面も。
残るはボーダーの色について。前回は白黒のボーダーと話していましたが、境界線の色にじみの可能性があることから、ベージュと黒に変更。さらに、ボーダーの幅には、こだわりがあるMEGUMIさん。じっくり吟味をすることに。意外とシンプルな柄の方が決定が難しいようです。

MEGUMIさんとLOGOSのコラボ・ポンチョのリリースについて。今年のFUJI ROCK FESTIVALを目指していましたが、新型コロナの影響で中止。さらにLOGOSの生産工場も新型コロナウィルスの影響を受けていることから、2021年のFUJI ROCK FESTIVALに照準を合せてのリリースを提案するどっちゃん。それまでは番組も続くと前向きにとらえ、「練りに練ったクリエイティブなポンチョの完成を期待してください!」とメッセージを送るMEGUMIさんでした。更に番組内では前回発売したコラボ・ポンチョを実際に使った感想や評判などの情報も満載でお届け致しました。番組を聞き逃した方もぜひぜひ番組アーカイブスでお聴きください♪
アーカイブスは番組公式HPからチェックできます!

http://campradio.jp/