2018年12月マンスリーゲストは、 ペナルティ・ヒデさん
2018/12/13(木) 22:40

12月のマンスリーゲストは、お笑い芸人ペナルティ・ヒデさん。軽妙な面白いトークから順調に番組はスタート。「冬は好きですか?」というのっけから漠然とした質問で、寒いから冬は少し苦手だというMEGUMIさんに、「寒いからこそ、おしゃれできるでしょ?」と言いだし「見てください今日のファッションを!」と発言するも???となるMEGUMIさん。ラジオだと思って見栄を張りますが、「実は全くおしゃれに興味ないです」と自爆。ちなみにヒデさんのこの日の洋服がコチラ(笑)
でも「鍋が大好き。冬は毎日、鍋でもいいです!」と冬はご飯が美味しいことを強調。火鍋用の2色鍋を自分で買いに行き、家庭では子供用と大人用の味を用意しているそうです。〆には、ご飯を入れて雑炊と思いきや、オリーブ油とパルメザンチーズでイタリアン風のリゾットを楽しむとか。更には、そこにキムチも入れちゃうとか。美味しそうですので、皆様ぜひお試しください。

そして、冬のアウトドアの経験のお話に。
ロバート・馬場さんと一緒に、1月2日に多摩川でBBQ。ところが、肉が掴めないほどの寒さに、凍えて20分で撤収。速攻で健康ランドへ!「冬は建物の中が一番!」言った矢先、MEGUMIさんが、でも防寒対策を万全にすれば、、、と提案すると、「そうです。防寒をしっかりすれば、冬は夜空の星もキレイですし、楽しめますよ」と乗っかる発言。本当に節操のない日和見な態度に笑ってしまいます。
ヒデさんはBBQマニアとしても有名で、ディスカバリーチャンネルで絶賛放送中のLOGOS presents「O・A・SO・BI MASTERS~おあそびマスターズ~」に長く出演中。大人が一日中、笑顔でいられる番組だそうですが、この収録の翌日もロケだそうで、仕事だけどご褒美だと思うくらい楽しみにされていました。
番組では、ヒデさんがアウトドア料理を披露していますが、簡単なおしゃれな料理「BBQでチーズフォンデュ」と「バナナの丸焼き」なるスイーツの数々を紹介してくださいました。MEGUMIさんも目から鱗のアウトドア料理の数々。放送で、ぜひお確かめください。そんなヒデさんが今後、やってみたいアウトドアは?というと、実は船舶免許を持っているそうで、船で無人島に仲間を連れていって楽しむという壮大な夢。しかし、2人のやりとりが雑www。2人で本当に楽しそうな上っ面トークでした!(笑)

続いて、ヒデさんの人脈の広さの話に展開していきました。実はLOGOSはタモリカップのスポンサーをしていますが、LOGOSとタモリさんを繋げたのは、ヒデさん!サッカーをはじめとした各競技の選手、アスリートにも友達が多いとか。バラエティ番組の収録では、共演者とそんなにゆっくりお話する時間もないし、ドラマとか映画では撮影期間が長いから親しくはなるけど、その後でプライベートでご飯をする機会はお互いに忙しいからないので、芸能人の友達が少ないというMEGUMIさん。「どうやって親しくなるんですか?」と質問。「誰かと飲む機会があると、そこに新たに別の方が合流し、友達が友達を呼ぶんですよ」というヒデさん。実はヒデさんがLINEを始めたのは、ここ1か月でアナログタイプだったというヒデさん。「LINEをする最後の男になりたかったんです」と言い出すと「意味わからないですよね」と一刀両断のMEGUMIさん。
実際に始めると「なんだったんだアノ意地は!」と開眼したそうです。お話は脱線しまくり、ヒデさんの趣味、家電購入のコツへと話はどんどん転がって、スタジオは大盛り上がりでした。

最後には、将来の話を伺いました。芸人として26年目になりましたが、先輩・師匠たちが全く変わらない、下がどんどん出てくる中、自分の居場所を自ら創って生き残っているそうです。その意味でも、アウトドアもお料理も本の出版もと、活躍の場をどんどん広げています。そしてコンビ「ペナルティ」としては、舞台が好きなので、劇場をベースにネタを楽しんでやっていきたいと語ってくださいました。そのスタンスはずっとこれからも続けていくでしょうね。最後に「おじいちゃんになったら?」という質問に、「南の島でのんびりと暮らしていたい」と思っているとか。 

ヒデさんは10月に本名の中川秀樹さん名義で純愛小説「いつか、あなたと」を幻冬舎から出版して、Twitterを開設しました。(アカウントは@HideNakagawa)
収録時の写真もUPしていますが、収録時点では、フォロワー数が厳選された34人。皆さまチェックしてください。
番組内ではちょいちょいとMEGUMIさんのご主人・Kjさんの名前を使っていますが、最後にはオチとしてまで、、失礼しました。 



「idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

「idea time5-800」は、アウトドアをもっと楽しむために便利なLOGOSアイテムを紹介するコーナーです。このコーナーのパートナーは、LOGOSコーポレーション営業販促課の土志田悠帆さんです。

今回は、LOGOSならではの痒い所に手が届く、焚火に必須のアイテムを2つ紹介しました。1つめ目は「らくらく薪キャリー」。長さ89㎝、幅約30㎝の布の両サイドに木材の持ち手が付いている、かなり丈夫なコットン製の布です。この布の部分に薪を置いて持ち手で運ぶアイテムです。ホームセンターやキャンプ場で販売されている薪は、束ねた薪を細いワイヤーで真ん中をぐるっとまとめているだけなので、持ち運ぶときに薪が重くてそのワイヤーが、手に食い込んで痛いし重いしで結構ストレス。しかし、これがあるだけで、子供でも女性でも本当に楽々で薪が運べる優れモノなんです。「薪だけでなく、スリムチェアなど筒状アイテムの運搬にも最適です。」という土志田さんの提案に「大根でもなんでも、挟めば運べて便利ですよね」とバッサリMEGUMI節。笑
土志田さんは前回のキャンプで夜に牧が足りなくなったので、仲間で夜に薪拾いをしたそうですが、その時には本当に重宝したそうです。貴重な体験ですね。

そして、もう1つが運んだ薪を置いておくのに便利、テーブルにもなる「薪ラックテーブル」です。横から見ると少し開いたU字のような形をしているラックに、4隅から脚が出ていて、蓋が付いたマガジンラックのような形状です。「らくらく薪キャリー」と併用して使えるアイテムで、ラック部分にそのまま薪を乗せたまま布部分を入れられます。

パンチング天板を上部に取り付ければ、2人分のドリンクとおつまみをのせるのにちょうどいい大きさのテーブルになります。天板は、ダッチオーブンを直置きできる丈夫さ。シックなマットブラックで高級感を感じるデザインになっているので、暖炉のある家庭では室内で使用するユーザーも増えています。

ぜひ店頭で手に取ってチェックしてみてください。
LOGOS番組公式HP;http://campradio.jp


【ペナルティ・ヒデさん告知】

* 10月25日 幻冬舎から純愛小説『いつか、あなたと』(中川秀樹・著)を出版
* 本の発売を記念して、Twitterを開設。アカウントは、@HideNakagawa
* アウトドア番組LOGOS Presents「O・A・SO・BI MASTERS~おあそびマスターズ~」は、ディスカバリーチャンネルで毎月第一金曜日あさ9:30から放送中。

2018年12月マンスリーゲスト ペナルティ・ヒデさん
2018/12/06(木) 22:40

12月のマンスリーゲストは、「国民の弟、ペナルティ・ヒデです!」という第一声でご登場。MEGUMIさんは「国民の弟?存じ上げてませんでした」という切り替えしの軽妙なボケ・ツッコミでスタート。ヒデさんとMEGUMIさんは、照れるぐらい久々の再会だったそうですが、MEGUMIさんとの初対面の時の思い出を語ってくれました。その時から「芸人の扱いが一番分かっている女性タレントだと感じてました」というトーク力に太鼓判。

ヒデさんは10月に本名の中川秀樹さん名義で純愛小説「いつか、あなたと」を幻冬舎から出版されました。「どうしました?」と質問を繰り出すMEGUMIさんですが、、、実はSF小説を書き上げて出版する予定だったのですが、直前に某ドラマとテーマも展開も丸かぶりだったことが発覚。30分くらい落ち込んだそうですが、そのストーリーでの出版を諦め、書き直したら3年もかかってしかったという意外な真実を暴露されました。

実は、小説を書こうと思ったのは25年前。その時からお話を書くことは好きだったそうですが、まだ拙い文章でしたが、そこから腕を磨き、5年前に処女小説「四季折々」を出版。今回のヒデさんの小説「いつか、あなたと」は、バイオレンスの要素もありながらも濃厚で感動的なエモーショナルな純愛小説。 芸人ヒデさんとは対極にあるようなお話ですが、「四季折々」とは違った、自分の中にあまりない要素で書いてみようと思ったのがテーマを選んだきっかけだったそうです。「結婚生活も長くなりもう、ピュアな恋愛のキュンとする感じや、ドキドキなど忘れてしまってませんか?」というMEGUMIさんでしたが、最近、ご主人Kjさんのライブをテレビで観たヒデさんは「あんな格好いい旦那さんがいると、ドキドキし続けませんか?」と質問返し。ヒデさんのKjさんのライブの感想に爆笑のMEGUMIさんでしたが、10年経つと、息子のような気持ちになってしまうという心情をトーク。一方、ヒデさんの奥様は未だにヒデさんに敬語を使う、ヒデさんとは全くタイプの違うトラディッショナルな女性だそうで、ご夫婦のエピソードに大爆笑でした~。

この小説は映像が浮かぶ丁寧な描写が多いことから、映画化をどうですか?というお話に。ヒデさんからは「旦那さん、お金あるんだから、お金出してもらえませんか?主題歌も!」という厚かましい提案。さらには、MEGUMIさんには作品の中の『真琴』役での出演オファー。「どんな役ですか?」という質問に、「SM嬢で」と言ったところ、「得意!得意!!」と大乗る気。「ドが200個くらいつくSですもんね~」とかぶせるヒデさん。マネージャーさんからも即「OK」。実現したら、本当に楽しみですね~www

そして、家族のお話に。ヒデさんの家族は、とても品のある奥様と、「父をくれぐれもよろしくお願いします」と言付けほど、10歳の娘さんと、しっかりとした5歳の息子さん。今回の小説の表紙のひまわりは娘ちゃんが描いた作品で、親子共作になっているそうです。家庭内のエピソードもたっぷりお話頂きましたが、「女の子は生まれながらにして女優ですね~」と、男女のお子さんたちは全く違って面白い!本当に子煩悩をうかがわせるヒデさんの一面を感じました。他にも家では、ヒデさんがご飯を作ることで、家事の効率化をはかるタイプだとか。頼りがいのある旦那さんで、ヒデさんの素顔がたっぷりと知られる番組になりました~。

最後には、「相方のワッキーさんは、どんどんおじいちゃん化していますが、一方のヒデさんの容姿が変わらない」と驚くMEGUMIさん。確かにワッキーの劣化(?)は凄ましいのですが、、、(笑)実はヒデさん「運動は何もしてないです。BBQばっかりして、お酒も飲みます」と断言されるのですが、「考え込む方ですが、ストレスは溜めないタイプですね」というお答え。「人間関係のフラストレーションを全く感じてないというイメージ」と言われてましたが、それはそのまま当てはまっているようで、「それが長寿の秘訣なんでしょうね」と、MEGUMIさんも納得をされていました。

今までSNSとはあまり縁がなかったヒデさんでしたが、今回の小説「いつか、あなたと」の出版を記念してTwitterを開設しました。(アカウントは@HideNakagawa)
収録時の写真もUPしていますが、収録時点では、フォロワー数が34人?!「選ばれし34人です!」と宣言しながらも、「ご主人にフォローも、お願いできますか?」と甘えるヒデさん。「わかりました!映画のお金と主題歌とTiwitterフォローですね。しっかり伝えておきます」と応戦するMEGUMIさん。最後まで爆笑トークの連続でした。番組では、MEGUMIさんのするどいツッコミが連発されています。2人の軽快なやりとりは、必聴です!


「idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

「idea time5-800」は、アウトドアをもっと楽しむために便利なLOGOSアイテムを紹介するコーナーです。このコーナーのパートナーは、LOGOSコーポレーション営業販促課の土志田悠帆さんです。
今回は、テレビで紹介されたら在庫切れになり、最近再入荷された大人気商品「LOGOSシェイク洗濯袋」です。
作りは非常にシンプルで、72㎝×44㎝のポリエステル製の青い袋で、歯磨き粉のような形を大きくした形状で、先にバルブが付いています。この中に、1日分の汚れた下着や靴下などの衣類、タオルなどを入れて、水と洗剤を入れて、シェイクすると洗濯ができるという優れもの。「バンドマンの車移動のツアー中とか、へき地での長期の撮影中とかには、いいですね~」というMEGUMIさんならではの使い方を提案。
本体は約130gと軽く、持ち運ぶ時にはコンパクトに畳めますし、本体の中に衣類を入れてバルブから空気を抜くと、圧縮袋のようにも使えます。年末年始の長期のお休みにはおススメ、本当に頼りがいのあるアイテムです。
カバンに入れられる洗濯機「LOGOSシェイク洗濯袋」を、ぜひ店頭で手に取ってチェックしてみてください。
LOGOS番組公式HP;http://campradio.jp

【ペナルティ・ヒデさん告知】
* 10月25日 幻冬舎から純愛小説『いつか、あなたと』(中川秀樹・著)を出版
* 本の発売を記念して、Twitterを開設。アカウントは、@HideNakagawa
* アウトドア番組LOGOS Presents「「O・A・SO・BI MASTERS~おあそびマスターズ~」は、ディスカバリーチャンネルで毎月第一金曜日あさ9:30から放送中。