2018年8月5週目スペシャル
2018/08/30(木) 22:40

5週目のある月だけお送りしている「CAMP RADIO5週目スペシャル」。ゲストは呼ばず、パーソナリティのMEGUMIさんだけのフリートークをお楽しみいただけます。

2018年夏の異常さから番組はスタートしました。ROCK'N JAPANフェスでは、観たいけどライブ中にどうかなってしまいそうな程の暑さに命がけを感じたというMEGUMIさんの夏。本当に異常気象や世界中の様々な自然災害、これまででは予測のつかない異変などをつくづく感じている中、アメリカ在住の友人から紹介されたドキュメンタリー作品「地球が壊れる前に」を鑑賞。すごい衝撃を受けたそうです。その作品の中で、例えばマイアミが沈んでしまうことを市長が発表し、寄付などで莫大お金を集めて大規模な土地の底上げをしているそうなのですが、それが何年もつかというと、たった50年!50年後はどうなっているか分からないという現実、さらには作品の中でもっと衝撃的な事実も語られており、本当に地球全体が悲鳴を上げていると感じ、全員で本気で色々と考えないといけないと思ったそうです。興味のある方はNetflixで観られますのでぜひ、「地球が壊れる前に」ご覧ください。

お仕事の話では、実は10年くらいずっとやりたいと思っていた仕事(役柄)についにオファーが!伊丹十三監督作品のような人間の濃厚でドロっとしたエッセンスもありながらも、エモーショナルな部分もある現代劇。脚本も面白く、キャスティングも豪華だとか。撮影は7月初旬から1か月にわたって没頭し、思い出深い夏になったそうです。公開は来年夏予定だそうですので、情報解禁になった時にはまたエピソードなど作品について、MEGUMIさんの役への思い入れなども番組でじっくり語ってもらいたいと思います。
そして金沢のひがし茶屋街にあるMEGUMIさんのカフェ「多聞」。最近、ミッキーマウスとのコラボをしてTシャツを作り販売!「たまたまミッキー様と関係のある知り合いにダメ元でお願いをしたところ、ナント!実現しまして、店舗だけで販売しているレア商品」と興奮気味に話すMEGUMIさん。Tシャツはミッキマウスのイラストの下に「KANAZAAWA CITY」とだけ入ったデザイン。店名の「多聞」はどこにも入れず、ファッション性を重視した点と金沢のお土産になったらいいなぁという思いで作ったTシャツ。センスの良さと控え目な人柄の出たMEGUMIさんらしいお話でした。

そして、新しい挑戦についてもトーク!来年の春には金沢でもう1軒、体験型のバーをオープン!?!?金沢には陶芸家やガラス作家などクリエイターがたくさんいらして、その方々の手ほどきだけを受けられるワークショップでありながらも、お酒を楽しめるバーをオープンする予定だとか。「お酒を飲みながら作品を作るのは本当に楽しい!」と陶芸家からの話を聞いて、そんな体験をして欲しいという思いから、元は機織り工場だったスペースをリノベーションして、陶芸スペース、バースペース、美味しいイタリアンレストランなどが横丁風に混在するお店(?)にしたいという現段階の構想をお話するMEGUMIさん、本当に生き生きとしていました。進捗は随時、番組でも紹介していきます。

そして5週目SP恒例の健康オタクなMEGUMIさんがハマっている美容法についてトークするコーナー。映画の撮影のためにボディメイキングに励んでいたというMEGUMIさん。その変貌にMEGUMIさんのSNSを通じて100通以上も「変わりましたね!」という嬉しい反応が。そんなメッセージをたくさんもらったのは芸能生活で初めてのことで、本当にうれしかったそうですが、そんな美容のためのセルフケアの中で一番、如実に変わった!という劇的な方法をご紹介してくれました。それが、顔。中でも老けた感じに見えるのは実は、口の周りがたるんでくること。そこで口を鍛えるトレーニング屋さんをネットで探して、行ったそうです。口の中に手を入れてマッサージしてほぐす施術を受けるのですが、口の周りの筋肉が固くなっているので本当に痛い!とか。その後に、顔の下半分の筋トレ。目の下(ほほの上)に指を置いて、おでこを動かさないようにしながら、「アイウエオ」と声を出して、口を開けることを意識しながら言ってみます。眉間やおでこにしわが寄ってしまうほど、なかなか難しい~。でも、それだけでビックリするくらい口が上がるんだとか。初回は2cmくらい口角が上がったという体験をしたMEGUMIさん。小顔にもなるし、キュッとした顔が若々しさの秘訣だという興味深い話。鍛えれば変わる!とMEGUMIさんの力強いお言葉。皆様も1日10回の発声を2回ずつ、やってみてください。
今週は美容法から環境問題まで内容濃く自由にお話した番組となりました~。

「idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

アウトドアをもっと楽しむために便利なLOGOSアイテムを紹介するコーナー。今週もパートナーは、LOGOS第1営業本部販促課の土志田悠帆さん。MEGUMIさんは土志田さんと共にフジロックのLOGOSブースで、MEGUMIさん監修の「LOGOS Memories Rain Poncho」を販売しました。土砂降りで過酷な中でのフジロックだったそうですが、完売したポンチョも何種類かあるほどの好調な売れ行き。実際に販売員の体験をしたMEGUMIさんは、セールス能力も素晴らしかったとか。でも、接客を通じてポンチョの良さを感じてもらって購入して下さる方との触れ合いや、会場で着ている人も見かけ感激し、フェスも販売も楽しんだ様子をたっぷりお話してくれました。

店舗でも大好評のポンチョですが、SNSを通じて「LOGOS Memories Rain Poncho写真コンテスト」を開催中です。「#ロゴズポンチョ」とハッシュタグを付けてエピソードと写真をUPするだけで参加できます。もちろん番組HPからメールでの応募も可能です。

今週はそのコンテストのLOGOSからの豪華賞品となるアイテム「グランベーシック モスラチェア」をご紹介。落ち着きのある茶色の生地と黒いフレームで見た目もシックなのですが、座り心地がアウトドア用の椅子だとは思えないほどのラグジュアリー感でMEGUMIさんも「すごいイイ!包み込まれるような、たっぷりのソファーに座っている感じ」と大感激。大き目なので安定感も抜群で、家の中で使えるアイテムになっています。LOGOSですので、錆に強いステンレスパーツを使用していたり、お手入れもしやすいなど機能性も抜群です!

「LOGOS Memories Rain Poncho写真コンテスト」の締め切りは11月初旬頃の予定。11月の5週目SPにて賞品当選者も発表します。どんどん応募してください。
詳しくは、LOGOS番組公式HPに掲載されています。

2018年8月のマンスリーゲスト、THE STARBEMS・日高央さん
2018/08/09(木) 22:40

8月のマンスリーゲストは、現在THE STARBEMSでボーカルとして活躍する日高央さん。番組オープニングはMEGUMIさんが最近知った猛暑を乗り切る独特な健康法から。日高さんは今年の夏、自宅のクーラーの水漏れ事件のお話。冒頭からエーーー!!と引きつけられる番組がスタートしました。
そしてアーティストが最近は体を鍛えているブームの話。日高さんは、ライブの体力作りのためにランニングをしているそうです。暑い日でも日中に、カチカチに凍らせた保冷剤を包んだタオルを首に巻いて足ると気持ちいいとか。まだまだお元気な五十路のゲスト・日高さんです。

番組では、1年ぶりにTHE STARBEMSがリリースされましたニューアルバム「STAY PUNK FOREVER」についてもたっぷりと伺いました。このアルバムは、新曲をたくさん作ろうということで始まったそうです。タイトル曲「STAY PUNK FOREVER」は、仮歌の段階で歌っていた歌詞がそのまま。かなりストレートですが、これは今更PUNKの定義を宣言してもしょうがない、世代が違えば感じ方もとらえ方も違うのがPUNKでもあり、「だったら言ったもん勝ち」ということで、曲調も内容もバラエティに富んだ「これがPUNKですよ」と宣言したアルバムになったというお話を伺いました。でも、キャリアがあるだけに、ダイレクトに言ってもそれがまた深みになっていて、説得力があるアルバムになっています。

実は、ギターの西クン(越川和磨)がエンジニアをやっていて、ドラムだけレコーディングスタジオで2~3日で録音して、その他はリハーサル用のスタジオでその都度、その都度録音をして重ねたり、時には自宅で録音した音源をデータで送って、ミックスをするなどかなり自由なスタイルでレコーディングを進めたそうです。どこかで完成、終了を決めなければダラダラとしてしまうのが難点ではありますが、予算がかからず、効率が良いようで、パートでギターやコーラスをうっかり忘れてるなどの面白いエピソードも聴いちゃいました。しかも10曲の予定が気がついたら11曲出来ていたから、11曲になったとか。「そういう風にしながらも、このクオリティで完成するんですね~!」と感嘆なMEGUMIさんでした。
アルバム像を最初に決めたのではなく、新曲を貯めて貯めて作った今作でが、とても自然な流れで完成したそうです。が、最近はCDとして作品化することもどうなんだろうかという迷いがありながらのリリース。そして次は?メンバーの間でも探り合いが始まっているとか。次をCDにするのか、配信にするのか、誰が言い出すのか、、、

そんな流れから正に今の音楽業界の話へ。そしてPUNKといえば、ライブが楽しみの醍醐味ですが、その対極にいる打ち込みや自宅録音で実在するのかも分からない配信アーティストの存在。リアリティなライブで盛り上がるアーティスト、ネットを中心に音源を発表し続けるタイプのアーティスト。どちらの存在もアリだと認めている日高さん。しかし二分化されている存在が、そろそろ混在してくると読んでいます。そして、そうなった新しい時代に、どうなっていくのか。どこが生き残るのか。MEGUMIさんと熱く語っています。本当に興味深いお話でした。
番組最初にも少し話題になった、日高さんが50歳を迎えたというお話。「人生で辛かった時期はなかった」と言い切る日高さん。もちろん、マイナスなこともあるけど、いい人生が送れているし、まだまだ今のままでいくんじゃないかと思うという素敵な生き方をされています。」ワン&オンリーな天邪鬼体質な自分としては、年を取ればとるほど音がうるさくなっていたいですね」と、50代の豊富も語っています。矢沢永吉さんから、ジョン・ライド、ローリングストーンズ、ポール・マッカトニーといった世界のそうそうたる先輩アーティストの話題で盛り上がりました!ますます尖っていきたいという日高さん、ますますの活動が楽しみになります。
そんな日高さんがソロのアコースティックライブもあります。活動の幅が本当に広い!告知情報をご覧ください。


「idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

「idea time5-800」は、アウトドアをもっと楽しむために便利なLOGOSアイテムを紹介するコーナーです。このコーナーのパートナーは、LOGOSコーポレーション営業販促課の土志田悠帆さんです。スタジオにはゲストの日高さんも一緒に出演してくださいました。

スタジオでご紹介したのは、「ピラミッドグリル・コンパクト」。ベランピングにピッタリなアイテムです。ベランピングは、ベランダでグランピングを楽しむという意味の造語ですが、冷えたビールを冷蔵庫から取り出して、ベランダに持って行くだけの「おうちアウトドア」という新しいスタイルを楽しんでみませんか?
少し大きめのポーチの中にすっぽりと納まっていたのは、9㎝角、高さ15㎝という1~2人用の小さなグリル。それがあっという間に組み立てられちゃうんです。「これ、いいかも~。カッコいい飲み屋でテラス席で出てきたら、いい!」と興味津々の日高さん。「デザイン的にもおしゃれでdすよね~」とMEGUMIさんも絶賛。LOGOSスタッフも愛用しているアイテムです。
家族とかカップルとか少人数で、ゆっくりとBBQを楽しめて、本当にちょっとした時間でアウトドア気分になれるアイテムです。小さいながらも本格的なBBQを楽しめます。詳しくは番組HPでも紹介しています。また、ぜひお店で実際の商品を手に取ってチェックしてみてください。

そして、「MEGUMI監修・デザイン 本当に着たいレインポンチョ・LOGIOS Memories Rain Poncho」は店頭で絶賛、発売中です。
ポンチョを購入された方はポンチョを着て、「LOGOS Memories Rain Poncho写真コンテスト」ぜひ参加してください。ポンチョのある風景の写真をSNSでUPして、全てカタカナで「#ロゴスポンチョ」とハッシュタグを付けるだけです。
SNSをやっていないという方は、ポンチョを着たエピソードや写真などを番組公式HPからメールで送ってください。お待ちしております。
今、LOGOS内では豪華な賞品を検討しているそうですので、皆さまドンドン参加してください。日高さんも応募するかも?!


【THE STARBEMS告知】
* 1年ぶりフルアルバム「STAY PUNK FOREVER」をリリース。


【THE STARBEMSライブ出演情報】
* 8/11(土)滋賀県竜王町総合運動公園内ドラゴンハット「EAT THE ROCK 2018」
* 8/12(日)「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」
* 8/21(火)横浜のライブハウス「F.A.D.」にて『CROSSROAD』
* 8/26(日)苫小牧駅前通り特設ステージ「活性の火'18」
* 8/27(月)札幌カウンターアクションにてレコ発ア¥ライブ

【日高さんソロ活動】
PLAYTHINGS TOURと題して、
9/1(土)香川県高松 乍-nagara-、
9/2(日)神戸 旧グッゲンハイム邸でライブを開催。
出演メンバーは、Keishi Tanaka、TGMX(FRONTIER BACKYARD)、 渡邊忍(ASPARAGUS、Noshow)
詳細情報は、公式HPや日高さんのSNSをチェックしてください。
公式HPアドレスは、http://www.thestarbems.comです。


聞き逃した方もぜひぜひ番組アーカイブスでお聴きください♪
アーカイブスは番組公式HPからチェックできます! 

2018年8月マンスリーゲストは、THE STARBEMS・日高央さん
2018/08/02(木) 22:40

8月のマンスリーゲストは、現在THE STARBEMSでボーカルとして活躍する日高央さん。フェス会場では何度もすれ違って、お互いにいらっしゃるなと認識はしていたMEGUMIさんと日高さんですが、トークをするのは初めてというお2人。日高さんといえば、メジャーデビューをしたBEAT CRUSADERS(ビート・クルセイダース)やMONOBRIGHTなど数々のバンドを経験され、ソロでも活動やプロデュースもされて幅広く活躍をされていますが、元々は音楽業界で裏方だったというエピソードから番組がスタート。インディーズレーベルのスタッフだったこともあり、マネージャーからローディー、お金の管理、もちろんCDの発注や製作管理など、バンドにかかわる全てをやっていたそうです。その時から、俺だったらこうするな~とプロデューサー目線で色々と考えていたものをビークルで発表したら、メジャーでデビューすることになり、大ブレイクしてしまったというのがエピソード。今でもいつでもスタッフに戻りたいとか(笑)。

その後、色々な偶然があったり機会があり、プロデュースをやることになったり、バンドメンバーとして加入したりすることになりながらも、お金の計算や段取りもできる多才なミュージシャンになっているというユニークな経歴トークにMEGUMIさんも興味津々、盛り上がりました。

THE STARBEMSについてもたっぷりと伺いました。2011年の震災で役に立ちたいけど、バンドで何かしたい、震災復興を手伝いたいという思いからメンバーを集めて結成したのがきっかけ。実は、後輩を呼んでセッションをしてからメンバーを決めるという、色々な意味でかなりプロデューサー目線でバンドメンバーを選別したそうです。音楽性もキャリアもバラバラですが、今では1~2割の楽曲の源を伝えて、みんなが形にしていくスタイルになっているそうです。そんなTHE STARBEMSが1年ぶりにフルアルバム「STAY PUNK FOREVER」です。今の時代、PUNKには枠がなくなり100人100通りのPUNKの概念やイメージがあると語っていた日高さんでしたが、まさに自由なPUNを表現されたアルバムになっています。

そして、番組恒例のアウトドアをテーマにしたトークでも盛り上がりました。日常でのアウトドアといえば、息子さんにスケボーを無理くりやらせているとか。いつかは泊まりでキャンプをしたいと思っているそうです。
一方で、日高さんの幼少期のアウトドアエピソードが、友人の松本君の親戚が動物園をやっているので、夏休みにそこに行ってBBQをしよう!という話に。期待を胸に膨らませて行ったのですが、現実は動物園というのもおこがましいくらいの、公園にちょっと動物がいるのを想像したものをさらに廃れたバージョンだったとか。そこの目玉がタバコを吸うチンパンジー!今のコンプライアンスを考えると絶対にNGなことですが、当時はチンパンジーが自分でライターで火をつけて旨そうにタバコを吸う姿が衝撃的で、BBQがまったく頭に入ってこなかったというエピソードで爆笑でした。

そして、日高さんがアウトドアであったらいいなと思うアウトドアグッズが、コンパクトでかつ防水のPAシステムやスピーカーだとか。もしあれば簡易的にライブが出来るのにといつも思うそうです。実は、コンパクトだと防水がなかったり、防水だと大きいなど、日高さんの知る限りではそんなアウトドアアイテムがないとか。LOGOSさんチャンスです!!キャンプではギターを持ってくるヤツがいるから、プロ向けじゃなくても絶対!売れますよとアピール。LOGOSさんからは「企画に通しておきます」という前向きな回答をゲット!!いつか商品化されたらすごい!!
番組のエンディングでは、日高さんの音楽ルーツについて。小学2年生の時にモンキーズをテレビで観たのが音楽に目覚めたきっかけだとか。お母さんのガットギターでコピーをしていたとか。
そして日高さんの今後は、自分に一番縁遠いグラミー賞を目指したいという野望も。楽しみです!!


「idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

「idea time5-800」は、アウトドアをもっと楽しむために便利なLOGOSアイテムを紹介するコーナーです。このコーナーのパートナーは、LOGOSコーポレーション営業販促課の土志田悠帆さんです。スタジオにはゲストの日高さんも一緒に出演してくださいました。

コーナーの冒頭では、販売が開始された「MEGUMI監修・デザイン 本当に着たいレインポンチョ・LOGIOS Memories Rain Poncho」の反応が大好評だという店頭のお話から。嬉しい限りです。
ポンチョを購入された方はポンチョを着て、「LOGOS Memories Rain Poncho写真コンテスト」ぜひ参加してください。ポンチョのある風景の写真をSNSでUPして、全てカタカナで「#ロゴスポンチョ」とハッシュタグを付けるだけです。
SNSをやっていないという方は、ポンチョを着たエピソードや写真などを番組公式HPからメールで送ってください。お待ちしております。

今、LOGOS内では豪華な賞品を検討しているそうですので、皆さまドンドン参加してください。「金ですか!?」と生々しいリアクションの日高さんでした~。
そしてスタジオでご紹介したのは、今日はコンパクトに折りたためるレインブーツ。商品名も、そのままですが「コンパクトレインブーツ」。
実はLOGOS Memories Rain Ponchoを私のHP「+コラボレート」で撮影した時にMEGUMIさんも着用。ポンチョとのコーディネートにもピッタリなアイテムですが、その実用性の高さや機能性について、熱く語ってました。
バイカラーでひざ下くらいの丈の長靴ですが、ロングブーツとしてだけでなく、くるりと簡単に折り曲げて調節すればショートブーツになります。雨の日だけでなく、足元の悪いフェス会場とか山の中のアウトドアでは本当に便利。見かけだけではなく、履き口には伸縮性のあるゴムひもが付いているので、足にフィットさせるように絞れば、降っている雨の侵入を防ぐことができます。
また、かかと部分には、キックと呼ばれる出っ張ったパーツがついていて、キックをつま先で踏みながら脱ぐことでレインブーツの脱ぎにくさを解消してくれます。このキックの存在には日高さんも驚愕!いいですね~と連発。
さらに、折りたためる一般的なやわらかい素材のレインブーツは、脱いだ時にクシャっと折れ曲がってしまいがちですが、LOGOSのコンパクトレインブーツでは、絶妙な厚みのある生地を使って加工の方法も工夫しているので自立します。ぬかるんだ場所で脱いでも安心。自立することで玄関でも省スペースで保管でき、また倒れて他の靴を濡らしたりする心配もありません。もちろん、収納袋に入れて持ち運ぶことができますと、良い事ばかり。
さらに!中敷きには消臭機能が付いているので、雨の時に気になる足元の臭いを和らげますから、安心してくださいという宣言に、日高さんも「マジっすか!いいですね!」と大絶賛。
詳しくは番組HPでも紹介しています。また、ぜひお店で実際の商品を手に取ってチェックしてみてください。


【THE STARBEMS告知】
* 1年ぶりフルアルバム「STAY PUNK FOREVER」をリリース。

【THE STARBEMSライブ出演情報】
* 8/11(土)滋賀県竜王町総合運動公園内ドラゴンハット「EAT THE ROCK 2018」
* 8/12(日)「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」
* 8/21(火)横浜のライブハウス「F.A.D.」にて『CROSSROAD』

【日高さんソロ活動】
PLAYTHINGS TOURと題して、9/1(土)香川県高松 乍-nagara-、9/2(日)神戸 旧グッゲンハイム邸でライブを開催。
出演メンバーは、Keishi Tanaka、TGMX(FRONTIER BACKYARD)、 渡邊忍(ASPARAGUS、Noshow)
詳細情報は、公式HPや日高さんのSNSをチェックしてください。
公式HPアドレスは、http://www.thestarbems.comです。

聞き逃した方もぜひぜひ番組アーカイブスでお聴きください♪アーカイブスは番組公式HPからチェックできます!