番組紹介

ラジオNIKKEI第1 第1・2木曜日 21:30~22:30(第3・4週は再放送)第5週がある場合は新作放送
提供:LOGOS

タレント、女優のMEGUMIが毎回ゲストを招いてキャンプやアウトドアの楽しい“外遊び”を伺っていくトーク番組。
2008年に男児をもうけてから、公園や海、山など自然の多い場所へ行き、その魅力、学び、大切さに気付いた一児のママであるMEGUMIの目線で「アウトドアをすること=Outing」の楽しさを伝えます。

新着記事

2022年1月マンスリーゲスト 勝俣州和さん

2022.01/13 スタッフ 記事URL

1月のマンスリーゲストは、勝俣州和さんです。お正月疲れなど出てないでしょうか?元気にいきましょう。

「太陽浴びてる?」が前回出演時のキャッチコピーだった勝俣さん。ジョギングや犬の散歩で、寒いと日向を選ぶので夏よりも冬の方が日に焼けるそうで冬が一番黒くなるんだよ、佃煮みたいに。」と笑いながら語る勝俣さん。愛犬トイプードルの散歩が1日8㎞(しかも1㎞6分というハイペース)で走るという話に「そんなに?私も飼ってますけど、そんなトイプードル見たことない。」MEGUMIさんもびっくり。
そして、勝俣さんに冬の食についての話では「冬といえば鍋が多いですね~」と一言。勝俣さんのお気に入りはタラと白子の鍋だとか。魚介、野菜はそれぞれ市場に買いに行って、調理されると言う勝俣家のお鍋はさぞかし美味しいでしょうね。

さて、今回も勝俣さんの本「全力疾走するバカになれ〜明るく、楽しく生きたい人に贈る75の言葉〜」(11月30日に小学館より発売)について更に聞いていきます。まず第3章「夫婦の絆・家族の愛の言葉」から。

「なぜ話し合いで解決するヒーローが現れないのだろう?世界を平和にする『戦隊ヒーロー・ディスカッション』」こんな可愛らしい発想にMEGUMIさんもメロメロ。小さい頃から仮面ライダーが好きだった勝俣さんが唯一大嫌いな点が、ショッカーをボコボコにするシーン。きっとショッカーにも家族や恋人がいるだろうに、話しも聞かず、どうせ負けてしまうショッカー相手に本気のキックをするのではなく、ショッカーと戦わずに、もっと話し合って家に帰してあげればショッカーの家族も仮面ライダー側になるんじゃないかと、小学校の頃からずっと思ってきたそうです。勝俣さん自身、お祖母ちゃんに「人は言えばわかる、3回言ってわからなければ、牛だから叩かないとわからない」と言われて育ったエピソードを披露。暴力の話から、中学の頃の先輩に絡まれて、喧嘩になりかけたエピソードへ。たまたま小さい頃から仲良くしていたもっと先輩が、喧嘩の強い人で、そんなご縁にも恵まれて暴力とは無縁に育ってきたので、話し合いで暴力は減らせるはず、というほっこりする話をしてくれました。

次の言葉は「家族を作っていくのは、思い出の数です」。思い出の数が増えていけば、喧嘩もしない家族になっていくのではないか、同じ時間をたくさん共有するということが大事で、父だから、親だからと偉ぶらず、弱いところを見せてもいいと思っていると言う勝俣さん。勝俣家では小言はお母さん、お父さんが出てくるのは最後となっているそうです。しかし、これまでのトークもそうですが、いつまでも少年っぽさを感じさせる勝俣さん。「少年って、いつまでもそれじゃいけないなって思っているんですけど、奥さんは結婚すると"少年ぽさ"って、いらないんですよね?」とMEGUMIさんに確認します。「いらないですね、家の中で大人は私だけなの??って思う」と男の人の少年ぽさには辟易しているMEGUMIさんにスタジオが笑いに包まれます。でも、息子さんを育てて初めて「男の人ってずっと愛すべきバカなんだな」と合点がいったとか。「だから使えるバカに育てればいいんですよ、褒めたらばかは凄く動くから」という勝俣さんの言葉に感心しきりでした。紹介した言葉以外にも、心に響く言葉が満載な勝俣さんの最新刊「全力疾走するバカになれ〜明るく、楽しく生きたい人に贈る75の言葉〜」ぜひ手に取って読んでください。

スポンサーのLOGOSさんにちなんでアウトドアのお話も。勝俣さんと言えばハワイ!!ハワイが大好きで、何回も行っているうちにお知り合いも出来たので、行くと落ち着くそうです。「ハワイでは、何してるんですか?」と聞くMEGUMIさん。朝から晩まで主に子供たちとクタクタになるまで遊び尽くすとか。中でもプールに滑り台のあるウェット・アンド・ワイルドで子供と競争しながら遊んでいます。MEGUMIさんは、やっぱり少年ですねと呆れ気味でした。

国内では、温泉などに行くのが大好き。具体的な旅先を聴くと「日光が好きですね」と即答。「温泉が好きなのと空気が変わるのが好きです。春はさくら、秋は紅葉が綺麗なのがいいとか自然が好きかな」と魅力を語ります。また、人に紹介されたものに興味が出ると、それを作っている人に会いたくなって、実際にお話しを聞きに行ってしまうそうです。最近もプロデューサーに紹介された干物屋さんの商品が凄く美味しかったので、お店に話に行ったそうです。「凄くないですか」と行動力に感心するMEGUMIさん。「料理人や職人など極めた人と話すのが好きなんですよ」と勝俣さんが語ると、「それが仕事につながっているから、素敵ですよねー」と感動するMEGUMIさんでした。そうやって知り合いが増えていって、いつか奥様に捨てられても全国そんな知り合いを頼っていけば生きていける気がしているという可愛らしい勝俣さんでした。

最後は、ここ2、3年で変化している芸能界についてのお話。最近の芸人さんは新しい世代が次々と出てきているので、楽しみだという勝俣さん。表現の仕方が変わってきていて、今までのような、戦闘的な姿勢がなくなったと感じているそうですが、次は逆にキレ芸的なものが来るのではないかと予測します。さらに、メインMCなどが務まる女芸人さん不在の今について、「Aマッソとか女芸人の力がものすごくきているんだよね、でもいつもひな壇でピンポイントなんだよ。」と現在の状況を語ります。

「上沼恵美子さんや山田邦子さん、大阪で言ったら海原やすよ、ともよさんのような存在が出てきてくれれば面白くなる!」と、そんな存在感の登場が楽しみと盛り上がる勝俣さんとMEGUMIさん。
最後には「今日できることは、今日やれば、明日はもっといい日になる」と本にはない素敵な言葉を頂きました。皆さんも、頑張って今日やれることは今日やりましょう!


【勝俣州和さんの告知】
* 新刊「全力疾走するバカになれ ~明るく、楽しく生きたい人に贈る75の言葉~」(小学館)から絶賛発売中。
* YouTubeチャンネル「勝俣州和のYouTubeって何?」登録してチェックしてください。



idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

「idea time5-800」は、アウトドアを最上級に楽しむ方法をLOGOSが提案するコーナーです。このコーナーのパートナーは、LOGOS東京支店営業部の吉川さんです。勝俣さんがLOGOSのキャリータイプのカバンについて、まさかのダメ出しからスタート。祭りやキャンプに持っていく道中、塗装されてない道路や階段で、お酒など重いものを運ぶ時に、タイヤが2つだと沈んでしまうから「タイヤを4つにしてもっと頑丈なものにしてほしいんだよね。それとさ、キャリーの持ち手を誰にでも使えるように、3段階くらいで調節できるようにしてほしい」」と提案します。キャリーバッグも機内持ち込みが出来ないサイズなのが難点だとか。貴重なご意見の数々でした。LOGOSでの改善を是非期待しています。

そして今回、紹介したのは2022年新商品「ハイアンドロースタックタフテーブル」です。卓袱台のようなアウトドア用のテーブルです。最近はやりのたき火を楽しめるローチェアに合わせて、サイドテーブルとしても最適です。テーブルの縁がちょっとだけ立っているので、物が引っかかって落ちにくいのがポイント。重さも10㎏まで荷重OK。使わない時は収納も出来ます。さらに、足の長さは一本ごとに長さの調節が可能なので、足場の悪い場所でも水平なテーブルになるという優れもの。「運動会や花火大会とか、色々なシチュエーションで使えるから便利だよね」と反応するMEGUMIさん。気になった方は番組ホームページ、またはLOGOS店頭、公式HPで是非チェックしてみてください!
LOGOS番組公式HP;http://campradio.jp/


番組を聞き逃した方もぜひぜひ番組アーカイブスでお聴きください♪
アーカイブスは番組公式HPからチェックできます!
http://campradio.jp

2021年1月マンスリーゲストは、勝俣州和さん

2022.01/06 スタッフ 記事URL

2022年1月のマンスリーゲストは、いつまでも新しいことにチャレンジし続けたいという、季節を問わずエネルギッシュな勝俣州和さん。いくつになっても新しいことに挑戦したい!と言う勝俣さんが今年やってみたいのは、スキューバーダイビング。これまで閉所恐怖症、暗所恐怖症でに避けていたそうですが、今年こそ克服したいという宣言から番組がスタート。毎年、カレンダーの裏に"やりたい事"を何個でも書いて、次々と目標を達成していくようにしているそうです。年末になり見返すと意外と実現できているのは勝俣さんらしいさですね。

昨年11月に小学館から「全力疾走するバカになれ ~明るく、楽しく生きたい人に贈る75の言葉~」を出版しました。芸能生活34年間の実体験に裏打ちされた、どんな時でも考え方次第で上手くいく、独自の人生教訓と生き方のヒントが詰まった本です。ユニークな本のタイトルですが、勝俣さんは「虹の色は何色ですか?」という本の中にもある言葉をタイトルの候補として考えていました。でも「勝俣さんらしくない」と一刀両断。スタッフの方々と話し合い、勝俣さんらしいタイトルにしようということで「全力疾走するバカになれ」に決定したというユニークな出版裏話を披露。最初は人生のマニュアル本を出版したいと依頼されました。勝俣さん曰く「自分にはマニュアルがないので、教えることがなかったんです。だから、毎回ノートに書き溜めておいた言葉を選んで本にしようということになったんです。自分で考えた言葉もあるし、他の方に掛けられた言葉をもあるし、悩んだ時に解決に導いてくれたり、勇気づけられた言葉もあります。今回は、そういう言葉を75個選んで本にしてもらったんですね。」番組では、言葉を書き留めるきっかけとなった勝俣さんの幼少期の素敵なエピソードも話してくれました。勝俣さんに大きな影響を与えた欽ちゃん(萩本欽一さん)のポジティブな言葉も、もちろん含まれています。MEGUMIさんも欽ちゃんの著書に感動し、欽ちゃんを"スーパーポジティブ"と絶賛。勝俣さんはそんな欽ちゃんに育てられたからには、同じような役割になれたらいいなという想いも籠っています。視点を変えるだけで考え方をポジティブに変えられる本です。気になった方は是非チェックしてみてください。勝俣さんの知り合いからすでにコメントを頂いていますが、ナンチャンには「神様の作った最高傑作はうんちです」と言う言葉が刺さったと言われたとか(笑)。

番組ではMEGUMIさんが気になった本の中の言葉を深く解説していただきました。「嘘が絶対につけない人を三人以上持ちましょう」という言葉。勝俣さんの場合は萩谷欽一さん、柳葉敏郎さんと哀川翔さんがその三人。その3人には言い訳で逃れようとしても出来ない、その3人が見てると思うと仕事でも絶対手を抜けないという存在。「その人たちのようになりたい、なるためにはズルい生き方をしちゃダメだなと言う"目標"ですね」と言い切る勝俣さん。バラエティ番組での仕事の姿勢や取り組みについても、失敗談を交えながら面白いエピソードをお話されスタジオでも爆笑の解説でした。

「「格好悪い、臭い、汚い」3Kを率先して行う人が「格好よく、感謝を与え、稼げる」3Kの人になれます」と言う言葉。これは欽ちゃんの言葉だそうですが、2つの道があった場合、困難で大変な方の道の先にこそ、素晴らしい景色が待っている、今後、力になるモノがあるからそっちを選べと言う意味だとか。それからは選択を迫られた時は、困難な方を選ぶようにしていると言う勝俣さんにMEGUMIさんも感嘆しきりでした。

いくつになっても欽ちゃんが師であると言う勝俣さん。なんと、80歳でYou Tubeを始められた欽ちゃん、2021年にライブを行ったそうで、そこに観に行ったらステージにあがることに。「久々に舞台の上で80歳になった欽ちゃんと共演できて、しかもウケたんですよ!すごい良かった」と、感無量。まだまだすごい影響を受けています。いまだに会うのは緊張するそうです。舞台を観に行く何日も前から緊張するという存在に、MEGUMIさんも羨ましそうでした。最後にMEGUMIさんが「勝俣さんが大御所さんの本人の前で言う悪口が痛快ですよね」と発言し、爆笑のスタジオでした。

番組では勝俣さんの思い出の詰まった曲を選曲して頂きました。その想い出トークも必聴です!


idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

「idea time5-800」は、アウトドアを最上級に楽しむ方法をLOGOSが提案するコーナーです。このコーナーの今月のパートナーは、今年の目標は、営業成績全社トップ!と言うLOGOS東京支店営業部の吉川さんです。そんな吉川さんに今回ご紹介頂いたのは、2022年の新商品「LOGOS LANDオリジナルBBQスパイス」です。お子様も楽しめる何にでも合う!と断言する万能調味料です。今回は、なんと!バニラアイスにふりかけて試すという吉川さんの提案。勝俣さんは「え??俺、バニラアイスはそんまま食べたいんだけど。日本でも10本の指に入るくらいバニラとかソフトクリーム食べてる男だけど」と拒絶反応をしめします。ところが!スナック菓子風味のスパイスで、アイスがお酒のおつまみになったと勝俣さんも大絶賛。「美味しいです。バニラアイスにスパイスかけたって味ですね」と超冷静なMEGUMIさん。「アウトドアでパンケーキを焼いた時に、このバニラアイスにさらにスパイスをかけたら良いかもね」とさらなるアイディアを提案する勝俣さん。化学調味料不使用の「「LOGOS LANDオリジナルBBQスパイス」は、もちろんお肉、炒飯、焼きそば、フライドポテトにもバッチリ合うスパイスです。最後には「くせになる」とアイスが止まらなくなるMEGUMIさん。番組内で紹介したアイテムは番組ホームページ、またはLOGOS店頭で是非チェックしてください!
LOGOS番組公式HP;http://campradio.jp/


番組を聞き逃した方もぜひぜひ番組アーカイブスでお聴きください♪
アーカイブスは番組公式HPからチェックできます!
http://campradio.jp

2021年12月5週目スペシャル

2021.12/30 スタッフ 記事URL

5週目のある月だけお送りしている「CAMP RADIO 5週目スペシャル」。ゲストは呼ばず、パーソナリティ・MEGUMIさんだけのフリートークをお楽しみいただけます。

2021年大晦日イブが今年最後の放送です。放送を始めて5年、色々な方にお世話になって長く続いてきたこの番組。MEGUMIさんも改めて年末に厳かな(?)気持ちでスタートです。コロナで不安や行動制限もあり2021年前半は、特に記憶がないというMEGUMIさんですが、昔付き合いのあった方々と新しくタッグを組んで、ご自身のプロデュースで6本ほどショートムービーを撮ったのが、今までの集大成、そして"これからの始まり"のように感じたそうです。40歳になり、少し放っておくと気持ちが倒れやすくなる年頃(MEGUMI談)だそうですが、心身ともに気を付けますます活躍されることでしょう。

新型コロナの影響で、社会のライフスタイルが変わったなと感じたというMEGUMIさん。全て自分たちのコミュニティ内で楽しむミニマムスタイルになったように感じたそうです。MEGUMIさんはコロナ以前は、ちょくちょく飲み歩き、夜長までお酒を飲んでいたのが、長居するのが辛くなり、早く解散した分、翌朝早く起きて散歩や、お茶を淹れて過ごすようになりました。MEGUMIさんの仲間もライフスタイルが変化してきて、自分と向き合っている時間が増えたような感覚がすると話してくれました。

そして番組を振り返り、今年の印象深いゲストについて。第一声は佐田さん(お笑い芸人・バッドボーイズ)!と断言。はっきり自分の好き嫌いを把握していて、常に自分の意見を持ってすべての瞬間を楽しむために享受しようとしている姿勢に感銘を受けたというMEGUMIさん。そして、三宅裕司さんも。三宅さんはとっても素敵な大人で、海外のカルチャーにも興味を持ち、いくつになっても常にアンテナを張っていて、そのセンスの良さにますます魅力を感じました。最近自分の周りの若い子にいる、ある種異様なまでの己をさらけ出すというスタイルに関して、三宅さんがおっしゃった「今は生き様を売っていかなきゃいけない」という言葉が印象深かったと言うMEGUMIさんでした。その他にも、亮さん(お笑い芸人・ロンドンブーツ1号2号)の緩さにも軸の強さをすごいと思ったりり、厚切りジェイソンさんのお金を使わない姿勢にも、もっとメリハリのある生活にしていくのもいいなと、新鮮な刺激を受けました。来年のゲストにはビックボス(新庄剛志さん)を熱望しているMEGUMIさんでした。

健康ヲタクなMEGUMIさん。乾燥がシミ、皺、たるみの元になるそうで、この時期は特に毎晩シートパックが欠かせません。以前は、乾燥に相当悩まされていましたが、4年ほど洗顔後や入浴後に、シートパックを10分以内貼り続けてきたら、その悩みが解消しました。最近はブースター美容液にハマっていて、シートパック、美容液、クリームの順番で毎日続けるとお肌が変わるそうです。乾燥肌でお悩みの方は是非お試しください。また、温活にも興味があるというMEGUMIさん。たまたま差し入れに頂いた腹巻きをし続けたら、体が温まって気持ち的にも安心できるとオススメでした。それプラス、かなり熱めの45度くらいのお風呂に合計で30分浸かるのと、熱いお茶を飲むことでだいぶ冷え性が解消されたそうです。皆様もぜひ、お試しください。


idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

「idea time5-800」は、アウトドアを最上級に楽しむ方法をLOGOSが提案するコーナーです。このコーナーのパートナーは、LOGOS東京支店営業部の吉川さんです。LOGOS入社2年目なのに、まだキャンプに一度も行けてないという吉川さん。学生時代はバレーボールをしていてずっと室内にいたので、社会人になったらアウトドアで過ごしたいと思って入社したそうです。そんな吉川さんが紹介してくれたのは「LOGOS ヒートユニット・アンダーシュラフマット」。毛布としても、シュラフの下に敷いても使える優れもの。モバイルバッテリーに繋げると電気毛布のように暖まる冬のアウトドアには欠かせないアイテムです。キャンプだけでなく、屋外のスポーツ観戦などにも便利。サイズは、シングルサイズの(72㎝X180㎝)1/4のクウォーターサイズと使いやすいのがポイントです。ベルベット調で肌触りも気持ちいいとMEGUMIさんも絶賛。もちろん、LOGOSお得意の収納袋もついているので、持ち運びにも最適です。

2022年も、たくさん面白い事をやり続けていきたいというMEGUMIさん。自分も女優として活動しながらも、自分で仕事を創っていくのも大事だと実感した2021年。今後は、美容関連のイベントもやっていくつもりだそうなので、是非ご期待ください。

MEGUMIさんはほぼ毎日、音声アプリ「Voicy」で情報満載の約10分間フリートークを更新しています。こちらも要チェックです!!多彩に渡り、お話を披露してくれた5週目スペシャルでした。

番組を聞き逃した方もぜひぜひ番組アーカイブスでお聴きください♪
アーカイブスは番組公式HPからチェックできます!
http://campradio.jp/

2021年12月マンスリーゲストは、厚切りジェイソンさんです

2021.12/09 スタッフ 記事URL

12月のマンスリーゲストは、厚切りジェイソンさん。今週は後編です。

「12月と言えば、こたつでみかんでしょ!」と言うジェイソンさん。「超ジャパニーズ・スタイルですね」と笑うMEGUMIさん。「大晦日は、みかんに年越しそば。それと『笑ってはいけない』(日本テレビ系)を楽しんでます。でも、今年は放送されないから、すごいショック。」と、年越しを日本人的に楽しんでいるジェイソンさんでした。

そして前回に引き続き、11月12日に発売された新著「ジェイソン流お金の増やし方」にちなみ、ジェイソンさんのお金の使い道について伺おうとしたところ...「今は節約を心掛けているので、お金を使いません。将来、大きなことに始めたいと思った時に、お金があれば安心して、挑戦することが出来るでしょ。そのための今はお金を投資に回してます。例えば、会社を起業したいとか思っても、資金があればすぐにスタートできる、大きめの財団を作ることも可能です」と、将来的にお金があればできる自由に生きていけるという考え方のジェイソンさん。MEGUMIさんが「家は買ったんですか?」と、家賃の支払いに悩むことがないのかどうかを伺いたく、質問をします。すると意外な答えが。「家は現金で買ったら、もったいないですよ。住宅ローンの金利はとても低いから、資産運用の方が利益が見込める場合には、利回り引く金利の差額が利益として残ります。その場合には、現金一括で買った時よりもローンで買った方が得だと考えます。自分の状況に踏まえて計算した方が良いとおもいますが、そのことも本に書いています」と解説する語るジェイソンさん。その考え方には目から鱗のMEGUMIさんです。「節約して、節約した分を投資していけば、それが将来的にもっと大きなお金になっていく」と話したジェイソンさんが、普段からやっている節約術の一つが、自動販売機の水は高いから買わないということ。「そんな何気ない一回一回の小さな積み重ねが、年間の何十万円になっていくんですよ。塵と積もれば、掃除しろや汚いなぁ」と、ことわざをジョークに変えて、節約の極意を伝授します。他にも「欲しいものは少し待って、安くなったら買う。新しく出たモノでも一年経つと、型落ちになり、すぐ安くなるでしょ。例えばスマホとか3年待つと、それほど機能は変わらないけど、無料に近い金額で買えるんです。モノは同じ。というのが、僕の考え方」と独自の理論を展開します。「もちろん、常に一番新しいものを欲しい人は、そこに価値を見出すから、それは否定しませんが、僕の考え方とは違う」と"どこに価値をおいてお金を対価として払うか"という生き方にも精通していきます。

「日本人は新しいモノを持っているステータスに縛られているところもありますよね」と、別の価値観があることに納得するMEGUMIさん。さらに「色々な店が様々なキャンペーンをやっているけれど、それもちゃんと計算する必要があるんですよね、ポイントが付くだけじゃ意味がない。そのポイントが本当に効率的なのか、得なのかをいちいち計算します。計算大好き!」という徹底ぶり。「確かに、これはちゃんと考えているか、いないかですね」と関心するMEGUMIさんです。

ジェイソンさんは、子供たちとも常にお金の話をして、お金とその価値観を教えています。「子供たちは、お年玉やお小遣いをもらったらメモを書いてもらって、年末になったら残高を確認します。そして、残高に合わせて僕が利子を払うんです。投資のリターンを教えるためにやってるんですよ」と、ユニークな教育方法を披露します。「これは、お金を持っていると豊な人生、楽しみにつながるという意味もあるんです」と人生訓を伝える方法でもあるそうです。MEGUMIさんも「何かをやりたいと思った時、どこかへ行きたいと思った時に、お金が足りないことで、チャンスがなくなるのは勿体ないですもんね」と、共感しきり。ジェイソンさんの一つ一つのお金に関する意識の高さに驚きが多かったMEGUMIさんでした。

そして、LOGOSにちなみアウトドアの話。ジェイソンさんは今年、高尾山の近くにある「高尾の森ワクワクビレッジ」に、家族で電車で行きました。すごい大雨で、悪天候の中でテントを張り、キャンプファイヤーやバーベキューをしたその時のことを面白おかしくお話します。「雨の中?ビショビショじゃないえすか?」と驚くMEGUMIさんですが、「ビショビショですよ。でもせっかく来たら、やりたいじゃないですか」と無邪気なジェイソンさん。「なかなか雨の中でアウトドアをやることはないですから、それはいい思い出になったんじゃないんですか?」とMEGUMIさんがフォロー。「そうですね。楽しかったです」と、家族との楽しい思い出に充実感を感じたご様子でした。ジェイソンさんが今後やってみたいはアウトドアは「カヌーで渓流下り」。子供の時、ボーイスカウトで大きめなカヌートリップをやった経験が楽しくて、子供たちにもそれを体験させたいと、思いを語ります。アメリカでの幼少期には、お父さんと家の近くの湖に一緒に行き、魚を釣ったのが楽しい思い出と語るジェイソンさん。実家の庭は州立公園とも隣接しているそうで「公園と言っても、ただの森で、入っていくとすぐ沼があって、、、」と日本では考えられない広大な自然の情景を話します。沼に入ってバケツいっぱいのザリガニなど釣って遊んでいたアメリカらしいお話も聞けました。

最後は、二足のワラジを履きこなすジェイソンさんが思い描く未来の話です。
「具体的には固まっていないけれど、今、恵まれている機会を大事にしながら色々なことに挑戦したい」と語ります。実は最近、お芝居する仕事も経験し出演した映画は近日公開されるそうです。「演技は出来ているとか、いないとかじゃなく楽しくやらせて頂きました」と、やりがいを感じたご様子。「とにかく種をいっぱい蒔いて、何が楽しくて、何が自分に向いているのか、何ができるのかを確認しながら、どこに力を入れて進むのか決めたいです。新しいことにも挑戦していきたいですね」と仕事への姿勢を熱く語るジェイソンさんです。将来的には「日本にいるこの10年でたくさんのスキルを身に着けて、それは日本の方が貢献できるというか、活用できると思うので、日本から離れないと思いますね」というお答え。最後に「将来は、今の行動によって作り出されます。将来どうなりたいのかを考えて、今からスタートすると良いと思います。

時間はアッという間にすぎます。10年後、20年後にやっておけばよかったという後悔がないように、過ごしてほしいですね。実際に動き出すことが大事ですね」とアドバイスを頂きました。勉強になる貴重なお話を、聞いたすごく濃い時間でした。

idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

「idea time5-800」は、アウトドアを最上級に楽しむ方法をLOGOSが提案するコーナーです。このコーナーのパートナーは、LOGOS公式YouTubeチャンネルに出演しています人気YouTuberのどっちゃんです。ゲストの厚切りジェイソンさんも参加してくださいました。

ジェイソンさんが、事前のアンケートで「アウトドアで一番欲しいアイテムは?」という質問に「自動テント張り機」と答えました。なんとLOGOSには「全自動ではなく半自動ですが、エアーで立つタイプのエアーテントがあります。電動の空気入れ機をテントの挿入口にさすと電気が送られ簡単に膨らませることができる「Tradcanvas エアマジック ドーム」がまさに、それです」と自信満々に答えるどっちゃん。「この間、大雨の中でテントを張るのが相当大変でしたからね」というジェイソンさんも「いいですね~」と感心。畳むのも、弁を外すだけで空気が抜け、すぐに畳んでサッと袋に入れられます。半自動テント「Tradcanvas エアマジック ドーム XL-BJ」チェックしてみてください。

今回、紹介したギアは2022年の新商品「メスキットぴったりざる」です。
メスキットとは、今キャンパーの間で大人気の飯盒にもパスタを茹でることもできる、お弁当のようなアルミ容器のこと。そのメスキットにぴったりサイズの"ざる"です。湯切りやフライヤーとして便利です。どっちゃんが「野菜を茹でた時にも、例えばブロッコリーとかでも...」というと、ジェイソンさん食い気味に「僕はブロッコリーを生で食べますよ」と宣言。「火を通してくださいよ」とMEGUMIさん。「アメリカはブロッコリーは生で食べるんですよ、凄く歯応えがいいよ」とアメリカの文化を主張します。「アメリカのサラダバーとかで確かに生で出てたけど、歯応えと言うより、青いモノを食べているな~っていう印象だった」と不満げに言うMEGUMIさんに、「それがいいんですよ」と応戦します。「次女が料理好きなので、これがあると色々作りたくなりますね」ジェイソンさん。「次女にどうですか?買いますか?」とMEGUMIさんが反応します。「いいと思います、値段聞いてから決めます」というジェイソンさんに、「いくらだったら買ってくれますか?」追い詰めるどっちゃん。

「話し合いがある前提ですが、クリスマス・プレゼントに欲しいなら買います。欲しいものを何でも買うわけではなくて、この値段でその値段の価値を感じますか?本当に使うんですか?と、次女に聞きます」と持論を語るジェイソンさん。「でも商品として魅力ありますよ。貸出しで、使える所があれば、絶対使う」とまたしても、ジェイソンさんがリース案を提案します。

確実にアウトドアでの料理の幅が広がるギア「メスキットぴったりざる」は、2022年新商品です。現在、数量限定で先行販売も行っています。ぜひ店頭や番組HPで是非チェックしてみてください。
LOGOS番組公式HP;http://campradio.jp/


【厚切りジェイソンさんの告知】
*11月12日の著書「ジェイソン流お金の増やし方」がぴあより好評発売中。
*そのほかの最新情報は、公式SNSで随時、情報を更新中。

Twitter:https://twitter.com/atsugirijason
Instagram:https://www.instagram.com/therealatsugirijason/
Amebaブログ: https://ameblo.jp/atsugirijason/


番組を聞き逃した方もぜひぜひ番組アーカイブスでお聴きください♪
アーカイブスは番組公式HPからチェックできます!
http://campradio.jp

2021年12月マンスリーゲスト  厚切りジェイソンさん

2021.12/02 スタッフ 記事URL

12月のマンスリーゲストは、番組初の外国人ゲスト・厚切りジェイソンさんをお迎えしました。ホンモノ!ネイティブな番組タイトルコールからスタートしました。

厚切りジェイソンさんといえば、6年前に日本ならではの文化や慣習に疑問を呈する「Why Japanese people?!」というギャグで一斉を風靡。2015、2016年のR-1グランプリで2年連続の決勝進出を果たしました。「まさかこうなるとは思わなかったよ」と驚きながら、当時を振り返るジェイソンさんです。

そして今年、来日10年を迎え「ここ3、4年は全くネタが思い浮かばないです。無理矢理、捻り出そうとしています。」と自虐で笑いを誘います。最近は、日本に馴染みすぎて、日本文化への違和感がなくなったとか。「ほぼ日本人になってます、今度アメリカに帰れば逆にカルチャーショックを受ける時もありますね」とジェイソンさん。「10年もいるなんて、日本がとても好きなんですね?」とMEGUMIさんが聞くと「好きです。住みやすいですね。なんか秩序があって、うまく社会が動いているんですよ。人の付き合いもそうですが、街中を歩いている人の流れが予測できるんですよ。アメリカは自由すぎて、歩いている人の流れがわからない」とWhy American people?!かのようにアメリカへの疑問を口にします(笑)。

そんな厚切りジェイソンさんの経歴を振り返りました。
ジェイソンさんは、アメリカのミシガン州出身。気候が北海道に近い、田舎町で生まれ育ちました。除雪された雪が山になって、その雪が完全に溶けるのは5月。「雪が硬くなって遊べない、せっかくの雪が台無しじゃん」と振り返ります。そして2005年に初来日。当時はまだ学生でコンピューターサイエンスを専攻にしており「音声認識」の研究のために1年間留学をしていました。「この時に衝撃を受けたのが、留学前に大学でも日本語の勉強をしていたので自分は日本でもコミュニケーションが取れると思っていました。でも、全く取れなくて、とりあえず好きなことで日本語を学ぼうと思って『エンタの神様』(日本テレビ)を見ていたら、面白くって日本のお笑いにハマり、ほぼこの番組で日本語を勉強しました」と当時のエピソードをギャグを交え面白く語ります。そして、2011年にIT企業の日本支社の立ち上げのために本格的に邦人会社の社長として来日。2014年に厚切りジェイソンとして芸人デビューし、ブレイクします。「芸人として笑わせる脳と、お金のことなど細かいことを考えるビジネスの脳って全然違うじゃないですか?」2足のワラジを履きこなすジェイソンさんにMEGUMIさんが素朴な疑問を聞きます。すると食い気味に「一緒!!厚切りジェイソンを2人に分けてるわけじゃないです。難しい時でも楽しんでやるのが成功の道じゃないの!」と、宣言するジェイソンさんでした。

成功者でもある厚切りジェイソンが「ジェイソン流お金の増やし方」という財テクの本を11月12日にぴあから出版しました。この本は、投資をすればお金は貯まる、増やせるのに何でやらないの?という想いから、すぐに取り入れたい投資術や節約術を丁寧に教えてくれる本です。「銀行に貯金を預けているだけじゃ少ししか増えないじゃないですか。活用した方がいいと思いますよ」と軽~く語るジェイソンさん。最近、投資に興味を持っていたというMEGUMIさん興味津々です。「投資に関する勉強はどういう風に学んだんですか?」と聞くと、「アメリカにはしっかりとした年金システムがなくて、老後の資金のために投資する人が多いんです。大手企業や多くの会社が、投資できる仕組みを用意しています」とそもそものアメリカの社会人としての常識だと説明します。「社会人になってから、投資をひたすらやっていった結果、一番いいやり方は何か、本当にこれでいいのかを自分流に補足していった」と、この本の原点を語ります。「あとは、その人が(投資を)やりたいかどうかの話で、まぁ簡単なことですよ。読めば僕と同じことができます」と今やセミリタイヤ生活を送っているという成功者ジェイソンさんの自信に満ちた言葉。「すごくやりたいです!」MEGUMIさんも本気モード。

すごく大事なことは2つ。「1つ目はお金を増やすために節約すること。節約をしながらも投資をすることで最大に成果が出ます。2つ目は投資で収入を増やすことです。ある程度、収入がある人でも使い切っていたら、資産は増えないですよ。使わない分を投資すると、お金が勝手に働いてくれるから、いつか相当の収入となっていきます」とジェイソンさん。

そこで具体的な投資術を解説してくれました。例えば、株価の指数を20年間で考えた時、経済的ダメージになる出来事があったとしても、1年間の歩留まりが6%を下回ったことがないインデックス投資をするだけで、約11年間で自己資産は倍増する計算になります。「日本人でもインデックス投資することが出来るので、その方法は強くお勧めします」と非常に分かり易いお話。本には更に詳しく書かれているそうです。「節約しながら、投資を続ければ長期的に考えれば、将来について安心できると思います」と、投資の大切さをさらに熱く語ります。「投資って怖いなと思うことがあるじゃ無いですか?」一般的な意見にMEGUMIさんが踏み込みます。「怖いやり方の投資もあります。でも、お勧めしません。投資は全て同じという認識は、いけません」という回答。 「例えば、仮想通貨に全てを投資したら暴落した時に大変ですが、地域や時間など分散していたら、何か一つが暴落したとしても、他が暴落していませんから、怖くはないと思います」と説明するジェイソンさんの考えにMEGUMIさんも共感します。でも「でも知識とか、社会の仕組みなどがどうなっているかなど、見極めが大事じゃないですか?」と食い下がって質問します。「ないです、投資信託を選べば色々な分散が入るから自分から何も考えなくていい。」ジェイソンさん。ここからは、投資信託の仕組みについて丁寧な説明がはじまります。さらには、具体的な解説方法にませ説明がおよびます。日本の証券会社や大手銀行などどこからでも開設することは可能。対面でもオンラインでも対応可能で、自分のニーズに合わせて始められます。「今日は本当に良い事、聞きました。勉強になった!」と大満足なMEGUMIさんです。本を読めばもっともっと良い事が書いてあるそうです。ジェイソン流節約については「自分にとって価値があればお金を使えばいいし、それを手に入れることが幸せか?ということを自問自答しています」と人生観にも関係する、かなり深いお話でした。

そして、日本語能力検定1級も取得されて2ヶ国語を自由に話せるジェイソンさんに外国語上達の秘訣を教えてもらいました。「日本の間違ってはいけない文化が上達を妨げています。上達するには、堂々と間違えて恥を書くこと、とにかく場数を踏むことが必要ですよね」と指摘します。間違えることで、インプットされるそうで、語学を覚えるための秘訣だそうです。ご自宅では夫婦間は英語で会話をします。(奥様は通訳をされていた日本人です)子供たちは日本語で返答するそうです。「子供に英語の会話を見せる、聴かせると言うのも秘訣なのかもしれない」ジェイソンさん。非常に役立つ、有意義なお話ばかりでした。


idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

「idea time5-800」は、アウトドアを最上級に楽しむ方法をLOGOSが提案するコーナーです。このコーナーのパートナーは、LOGOS公式YouTubeチャンネルに出演しています人気YouTuberのどっちゃんです。今回はゲストの厚切りジェイソンさんも参加してくれました。「ハイキングや登山するのが好き」なジェイソンさん。バーベキューで好きなものは、「お肉」と即答。「あとは、日本のカボチャがおいしいよね、甘さや旨味がアメリカと全然違う」と、日本のカボチャに感動したそうです。

今回、紹介するのは、バーベキューにも最適な「見える!エスプレッソメーカー300」です。数字300とは、容量のこと。下の受け皿に水を入れ、沸騰したお湯が挽かれたコーヒー豆を通り、上のポットにコーヒーが抽出されます。驚くべきこの行程に「どういうこと?」「逆算ですね。」と2人は興味津々。「エスプレッソメーカーはたくさんあるけれど、中身が見えるものが少ないので、面白いです」と魅力を語るどっちゃん。「本当に楽しい。見えると面白い」MEGUMIさんも大興奮。「家庭では、このままガスコンロでも火の上に置いても大丈夫です。」と家庭での使い方を説明すると、「どうやって圧力をかけるの?」と理系な質問をするジェイソンさん。「圧力は、ちゃんとポットが勝手に調整してくれるので、お水とコーヒー粉を入れてセットするだけでいいんです。」と自信満々に答えます。「すごいね!」と驚くジェイソンさんです。

ここまで「見える!エスプレッソメーカー300」に驚き続けたジェイソンさんに、「欲しくなりませんか?買いますか?こういう時は、節約が大事なジェイソンさんはどうするんですか?」とMEGUMIさんが少し意地悪な質問をします。「素晴らしい商品だと思いますが、僕は迷わずに"買わない"選択肢を選んでしまいます」と考えながら一言。「何なら買うかを見てみたいですね」反応するMEGUMIさん。「でも、本当に使ってみたいと思いました。リースがあればいいのに。例えば、これを貸し出してくれる、手ぶらで行ける所があれば。」とジェイソンさんらしいレンタルのアイディアを発想します。「いいかもしれない」と、開発中のロゴスランドで、アイテム・レンタルを提案するMEGUMIさん。LOGOSでも検討してくれますね。「見える!エスプレッソメーカー300」は、2022年新商品で、現在数量限定で先行販売も行っています。ぜひ店頭や番組HPで是非チェックしてみてください。
LOGOS番組公式HP;http://campradio.jp/



【厚切りジェイソンさんの告知】

*11月12日に自身3度目の著書「ジェイソン流お金の増やし方」がぴあより好評発売中。
*そのほかの最新情報は、公式SNSで随時、情報を更新中。

Twitter:https://twitter.com/atsugirijason
Instagram:https://www.instagram.com/therealatsugirijason/
Amebaブログ: https://ameblo.jp/atsugirijason/


番組を聞き逃した方もぜひぜひ番組アーカイブスでお聴きください♪
アーカイブスは番組公式HPからチェックできます!
http://campradio.jp

2021年11月マンスリーゲストは、ロンドンブーツ1号2号 田村亮さんです

2021.11/11 スタッフ 記事URL

11月のマンスリーゲスト、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんの後編。

オープニングトークでは、秋の楽しみ方についての話。釣り好きな亮さんは「釣りやキャンプなどアウトドアで過ごすのに、一番気持ちいい季節だよね」と断言。釣った魚をBBQで焼く定番もお好きだそうですが、釣ったイカをその場(防波堤)の隅で揚げて食べて、近くの日帰り温泉に入り、仮眠して帰るコースが大好きな過ごし方。MEGUMIさんからも「最高じゃないですか!」と、想像するだけで楽しそうなことが感じられます。そこから、最近MEGUMIさんが始めたアウトドアで気持ち良い「ランニング」の話へ。以前、NHKのランニング番組にレギュラー出演をしていた亮さん。「正直、最初は走ることは嫌いだったけど、番組のお蔭でランニングを好きになった。きっかけは、ランニングをした後のビール!ビールがすごくおいしかった。その次に、ランニングした直後にジンギスカンを食べてビールを飲んだ時、これは続けようって思ったね」と趣味として確立した時のことを話しました。MEGUMIさんのランニングでの悩みは、走り始めた10分後に息苦しくなること。「走って息が上がると、しんどくなって辛くなるだけなので、息があがらないペースで良いんです。
ゆっくりにしてみてください。息苦しくなったら、止まらないで歩いて、その繰り返しでいい」とアドバイスを送る亮さん。納得のMEGUMIさんは、「ランニング後にはビールも美味しいし、シャワーも気持ちイイし、血行もよくなるし、本当にイイんですよね」と新たな趣味を見つけたようです。

亮さんは10月9日に「田村亮のYouTube」というチャンネルを立ち上げました。今は、車を買い替える企画がスタートし人気です。「自分の青春時代、憧れていた車が、どんどん世の中からなくなってきているんです。古くなってスクラップされるのも分かるけど、環境を考える減税や補助金の制度で、なくなっていくスピードが加速されてきて。どれも名車とは言われていないけど、誰もが知っている車で、懐かしいと感じるモノばかり。2035年にはガソリン車が発売されなくなるから、それまでの間に、憧れていた車を全部、買って(オーナーになって)乗っていく企画です」と熱く説明します。買い集めることはできないから、順番に買い替えて乗っていくという企画だそうですが、まずはボルボからスターレット"EP-71"に乗り換えました。スタジオで、スターレットの写真を見たMEGUMIさんは、「クラシックとまでは行かないけど、絶妙なラインですね。可愛いです」と感想を。MEGUMIさんから「他にどんな車に乗りたいんですか?」と質問。MEGUMIさんが出演していた「全裸監督」で劇中に使われていた(映っていた)車が、まさに亮さんが乗りたいくるまだったそうで、ドラマを見ながら大興奮していたとか。MEGUMIさんのドラマ撮影裏話から、80年代のフェラーリの話になり亮さんのテンションも爆上がり。「全裸監督」では、車以外にもメイクや衣装など、細部にわたり80年代を表現するために、本当にすごいこだわりが満載だったそうです。

そして、亮さんは「好きなことを仕事にしている」という現状について。現在釣り番組のレギュラーが3本。釣り専門チャンネルに1本と地上波(テレビ埼玉)に1本とBSに1本です。1年4か月前、復帰直後に会っているMEGUMIさんから「好きなことが仕事になっていて、良かったですね」と声をかけられ、亮さんは「有難いです」と即答。一方で、番組を完成させるためには、絶対!釣らなければいけないプレッシャーもあると明かします。自然相手は、怖いと日々、体感している亮さんでした。

そして11月7日から静岡県のTOKAIケーブルネットでスタートした「亮と優の静岡をゆる〜く走りませんか?」というランニング番組の話。この番組は名前の通り、中村優さんと静岡のまちをゆるーく話しながら走るという番組です。MEGUMIさんから「タイトルもまたいい感じですね。」と好評。実は、亮さんにとって中村優さんとは「走るきっかけをくれた人」。いつも笑顔で走る姿、楽しそうなランニングの姿が魅力的だったとか。そんな優さんと2人、静岡県内をゆる~く走りながら、美味しい物を食べたり、立ち寄ったり、景色を眺めながら走ります。番組の空気感に感動し「そういう番組っていいですね。
レギュラー番組で1本、こういうの持ちたいですね」と、反応するMEGUMIさん。しかし!「1本?俺、今全部のレギュラーがこんな感じだから」と笑いながらツッコむ亮さんでした。

また亮さんは自信のTwitterで「バーチャル駅伝」という企画をやっています。開催が中止となった2020年の東京オリンピック。そこで最初はマラソンの開催予定地だった東京・国立競技場から亮さんがスタートし、マラソンの最終ゴール地札幌を目指して、見えないタスキをつないでもらうというTwitter上での参加型のイベントです。亮さんのTwitterに立候補し、指名を受けたランナーは、前回ランナーのゴール写真と同じ写真を撮ってスタート。自分が走れる距離を走ったら、分かり易い場所でゴール写真を撮影し、#ロンブー亮バーチャル駅伝とつけてTwitterにUPしたら終わりです。「団体競技や複数人で走ることができない中でも、1人で走っていても、誰かと繋がることが出来ないかということを考え、新しいランニングの楽しみ方を生み出しました」と少し誇らしげな亮さんです。現在は、北海道まで進んでいますが、これから冬には道内は雪が積もり走れなくなると、焦っているそうです。オリンピックイヤーである2021年中に何としてでも終わらせたいと意気込んでいます。バーチャル駅伝の様子は、noteでも記事を更新しています。「Twitterだけじゃテンポよく流れて行っちゃうから、やっている今の気持ちとか、参加してくれた人への思いを綴っときたい」と、熱い思いを語ってくれました。「1年4ヶ月前に来た時よりも、色々なチャレンジをしていてビックリしました」と、やりたいことを仕事にしている亮さんに、感心しきりのMEGUMIさん。

最後、亮さんは「モグラ捕まえたら、また来させてね」と言い残して番組は終了しました。新しいことに挑戦しようという覚悟、熱き思いが随所に伝わってくる放送になりました。



idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

「idea time5-800」は、アウトドアを最上級に楽しむ方法をLOGOSが提案するコーナーです。このコーナーのパートナーは、LOGOS公式YouTubeチャンネルに出演しています人気YouTuberのどっちゃんです。
今回はゲストのロンドンブーツ1号2号 田村亮さんも参加してくれました。

普段からロゴスのアイテムを使っているという亮さん。釣りに行く時に、欠かせない防水性の高いバッグ「SPLASH mobi」。直接、シャワーを当てても水が中に浸透しない優れもの。「海では、予想外のタイミングで波が来て、全身ずぶ濡れになる事があるんです。その時に、スマホが入っていたら普通なら大変な事になるけど、ロゴスのバッグなら心配ない」と大満足の亮さん。海水をかぶってしまっても、丸洗いができると聞いて、驚きのMEGUMIさん。さらに「コット」(寝袋の下に敷く簡易式折りたたみベッド)も愛用しているというと、MEGUMIさんも大絶賛。「本当に便利だよね」と意見が一致していました。

そして今回紹介するのは、2022年発売予定の新商品「ロゴス 森林クラフトスモーカー EMiwa」です。ダンボールを組みたてるだけでの2段式温燻タイプの燻製器です。"EMiwa"という名前の由来は、元々ロゴスの竈に、顔をつけてインスタで名前を公募していました。そこで、笑みの顔とワッと驚く顔があることから、"EMiwa"になりました。直火は使わず、ウッドから出る煙でスモークでき、ダンボールも燃えない構造なので、安心安全なスモーカーです。段ボール製ですが、10回は繰り返し使え、廃棄も楽々です。MEGUMIと亮さんは、「ウィンナーとチーズを燻したいね」と盛り上がります。ダンボールなので、お子さんがいる家庭では、直接絵を描いてもらいオリジナルの"EMiwa"を作って楽しめます。

「ロゴス 森林クラフトスモーカー EMiwa」は、店頭や番組HPで是非チェックしてみてください。
LOGOS番組公式HP;http://campradio.jp/

【田村亮さんの告知】
*「田村亮のYouTubeチャンネル」開設。
*レギュラー釣り番組「ロンブー亮の釣りならまかせろ」テレビ埼玉で放送中。
*TOKAIケーブルネット「亮と優の静岡をゆる~く走りませんか?~しずゆる~」、11月7日放送スタート。
*Twitterで「バーチャル駅伝」開催中。Noteでは駅伝記事を更新。
*そのほかの最新情報は、公式SNSで随時、情報を更新中。

YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCkzJabMOq7-oNI28lHYgEcw
Twitter:https://twitter.com/ryolondonboots
note:https://note.com/ryo8181

    

番組を聞き逃した方もぜひぜひ番組アーカイブスでお聴きください♪
アーカイブスは番組公式HPからチェックできます!
http://campradio.jp

新着記事一覧

新着一覧はコチラ