番組紹介

ラジオNIKKEI第2 毎週木曜日 22:00~22:40
提供:LOGOS

タレント、女優のMEGUMIが毎回ゲストを招いてキャンプやアウトドアの楽しい“外遊び”を伺っていくトーク番組。
2008年に男児をもうけてから、公園や海、山など自然の多い場所へ行き、その魅力、学び、大切さに気付いた一児のママであるMEGUMIの目線で「アウトドアをすること=Outing」の楽しさを伝えます。

新着記事

2018年2月のマンスリーゲストは、 TEMPURA KIDZ YU-KAさんとAOさん

2018.02/08 スタッフ 記事URL

「CAMP RADIO」2月のマンスリーゲストは、国内外でダンスパフォーマー大活躍をするTEMPURA KIDZのAOさんとYU-KAさん。
この収録に大人っぽいシックな装いで登場したお2人。デビュー間もない頃、まだ中学生だった頃に会っていたMEGUMIさんは2人の大人っぽさに、一瞬分からなかったというくらい。衣装ではかなりカラフルでPOPですが、「普段はあんなカラフルなファッションはしないですね~」と答えたAOちゃんとYU-KAちゃんですが、「メンバーのKARINとP→★は普段から、あんな感じですね」という言葉にかなりビックリのMEGUMIさん(笑)。YU-KAちゃんは、モノトーンでボーイッシュはファッションが好きで、パンツやパーカーを着ていることが多いそうです。AOちゃんは、シンプルなスタイルが好きだけど、生地にこだわるタイプだとか。「肌触りとか素材にこだわって選ぶ」という意見に、MEGUMIさんも「わかる!!」と共感!「高価とかではなく、イイ物がいいよね。着心地の悪いのは着なくなるもんね~」と、ファッショントークで盛り上がったオープニングでした。

そして番組恒例のアウトドアトークでは、2人共、結構アウトドア派!最近は、YU-KAちゃんは京都の神社や竹林に行ったそうです。自然の空気に触れるのが好きで、気持ちがいいとか。AOちゃん初日の出を見に茨城・大洗まで行ったそうです。お母さんが初日の出を拝むのが好きで、毎年初日の出はどこに行くか、一緒に相談をするそうで、今年は大洗!初日の出を見に行ったことがないMEGUMIさんは「感動します?」「超寒いでしょ?」と平坦なトーンで質問(笑)。「寒いけど、見たいと思うほどキレイです!」と力説するAOちゃん。さらに、AOちゃんは、UFOを見たことがあることが発覚?!AOちゃんは「流星群が好きで、流星群が来ると見に行くんですけど...」というと「よく空、見てるね~!」とツッコミを入れるMEGUMIさん。ある時、秩父の方の山で流星群を見上げていると、明らかにおかしな動きをしている光を発見!この時はYU-KAちゃんも一緒で、「月の近くをウロウロしている星があって、あれはUFOです!」と断言する2人でした。2人は流星群を見に行ったことがないというMEGUMIさんに、強くお勧め「今年は絶対!行きます!!」と感化されていました。

YU-KAちゃんのアウトドアの思い出話では、セミが脱皮する瞬間を見たこと。家族でキャンプとかBBQを楽しむYU-KAちゃん。早朝にお散歩をしていたら、様子がおかしなセミがいて、よく見ると脱皮している瞬間だったとか!?「セミの色が透明なんです!」という発言に思わず「キモイ!!」とMEGUMIさんですが、YU-KAちゃんは「キレイなんです!」と力強く答えながら、リアルなセミの脱皮の様子をお話してくれました。アウトドアならではのホントに貴重なお話でした!!
やってみたいアウトドアというトークでは、絶叫系のアトラクションが大好きだというAOちゃんは"バンジージャンプ"に、ハワイで"フライボート"と、かなりアクティブです。フライボートはやりたい!!やりたい!!と盛り上がりました。
一方「キャンプをしたことがないから皆なでやってみたい」というAOちゃんに「めっちゃ楽しいよ!」とセンパイのYU-KAちゃん。でも唯一の男子・P→★ちゃんですが「テントを建てるのは面倒くさがってやらなさそ~」と声をそろえる2人。「結局、AOとYU-KAでやるんだよ(笑)」とYU-KAちゃんの夢のキャンプに楽しそうに創造を膨らませるTEMPURA KIDZでした。

そして、3月25日に恵比寿LIQUID ROOMで開催されるワンマンライブのお話もたっぷり伺いました。タイトルが「FIND A WAY」。5年目を迎え、今後やりたいことや、目指すアーティスト像ができて、自分たちのやっていきたい方向性や、目指すモノを魅せられるライブにしたいという意味から付けられています。「今まではカワイイという表現をしてきましたが、これからはそれにプラスしてカッコイイと評価されるようなアーティストを目指したいですね」としっかりと説明をしてくださいました。目標をしているアーティストは、日本だけでなく世界中で活躍して認められているアーティストになりたいそうです。
ライブ構成はこれからですが、ワンマンは特別なのでソロダンスパートでも、ダンスナンバーを作ったり、メンバーのキャラを色濃くだしていきたいとハッキリとした希望もあり、またワンマンに向けて新曲も製作中とのこと、楽しみです!!また「パフォーマンスだけでなく、衣装やステージングもスタッフと相談して、カッコイイものにしていきたいです」とメンバーも楽しみにしている様子が伝わりました。
AOちゃんはライブに向けて、健康に気を付けてHOT YOGAに挑戦しているそうです。YOGAをやると「カラダが『健康になってます!』と言ってるみたいで、ホントに気持ちイイんです」とお話してくれました。YU-KAちゃんは、リフレッシュをするために遠出をしているとか。独りでも、どこにでも行っちゃうそうで、去年は鎌倉に行ったとか。MEGUMIさんからは「YU-KAちゃんは、そのうち日帰りでフラッと京都や金沢とか行っちゃうよ~」と予言しつつ、楽しみ方、栗味の美味しいモノの話で盛り上がりました。皆様、ぜひとも足を運んでください。

そして番組の最後には、将来の話。YU-KAちゃんは「大人になっても好奇心旺盛なタイプでいたい。色々なものに触れて刺激を受けていきたい」と。AOちゃんは「親孝行できる大人になりたいな」と優しい言葉でした。まだまだ可能性の塊のようなTEMPURA KIDZ。これから将来も、3月25日のライブも楽しみです!


「idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

昨年11月からスタートしている「MEGUMI監修・デザイン、本当に着たいレイン・ポンチョ商品化プロジェクト」を今週もお届けしています。このプロジェクトは、LOGOSコーポレーション・ソフトライン企画課 鵜飼悠太さんと進めています。前回まででカタチとデザインもおおよそが決まりました。フラミンゴ柄とメキシカンネイティブ柄とレインボーのフォトプリント柄の3パターン。どれも素晴らしく着るのが楽しみになるデザインです。その進行状況は番組アーカイブでお楽しみください。

今週は、ポンチョの付属品(紐やボタンなど)について、これまでも色々と細部を話し合ってきたのですが、デザインがより具体化したことにより、色味を決定しました。色見本台本を見ながら、MEGUMIさんと鵜飼さんの真剣な、かつ潔い打ち合わせの様子がうかがえます。そして決定したのは...
カーキ色がベースのフラミンゴ柄には、カーキ色。メキシカンネイティブ柄は、初志貫徹で蛍光イエロー。黒地のレインボーのフォトプリント柄は、黄色に。どんな仕上がりになるのでしょうか。楽しみです。
パーツの細部にまでこだわりながらも、ユーザーのことを考えぬいて、かつオシャレで着るだけで楽しくなるポンチョ、完成まで間近になってきました!!本当にMEGUMIも大のお気に入りポンチョになっております。お楽しみに。
詳しくは番組HPもチェックしてください。


 


【ゲスト・TEMPURA KIDZの告知】
* 3月25日(日)TEMPURA KIDZワンマンライブ「Find A Way」が東京・恵比寿LIQUID ROOMで開催。
* TEMPURA KIDZの最新情報は公式HPをチェックしてください。
* メンバーの素顔はメンバーのInstagramやTwitterなどをチェックしてください。


【MEGUMIさん告知】
*劇団「ヨーロッパ企画」の舞台「続・時をかける少女」に出演中。
2月7日~14日 東京グローブ座、2月17日 森ノ宮ピロティホール
http://event.1242.com/special/zokutokikake/




2018年2月マンスリーゲスト TEMPURA KIDZ YU-KAさん、AOさん

2018.02/01 スタッフ 記事URL

「CAMP RADIO」2月のマンスリーゲストは、FREAKY、FUNNY、FRESHなダンスパフォーマーとして国内外で大活躍のTEMPURA KIDZのAOさんとYU-KAさん。
番組冒頭では大流行で社会問題にもなっているインフルエンザの話から、MEGUMIさんが最近、ハマっている健康アイテム「プロポリス」の熱いトーク。MEGUMIさんは、たまたま蜂を飼っているお友達がいたので、お友達から分けてもらっているそうですが、味は美味しくはないそうですが、プロポリスで風邪対策を万全にしているそうです。

さて今回のゲスト・TEMPURA KIDZはデビューした当時の4年前、MEGUMIさんが司会の番組で絡むことがあり、お久しぶりの再会。当時は中学生だったTEMPURA KIDZが、今や高校を昨年3月に卒業し社会人になってます。学校と仕事の両立はどうでした?と気遣うMEGUMIさんですが、「試験ではもちろん、普段の勉強の遅れをカバーするために、メンバー同士で仕事中に問題を出し合うなどカバーをしながら過ごしていたのも、今は懐かしい思い出ですね。」と成長が嬉しい返答でした。YU-KAちゃんはInstagramなどで、"10代最後"ということを意識したメッセージが多いのですが、その真相は「まだ実感はないけど、オトナにならなきゃ!という自覚が強くて、時間も自分のエネルギーも無駄なく、うまく使えるようになりたいな、という願望から」。「偉い!!私は最近だよ、気づいたの~」と、YU-KAちゃんの言葉に大絶賛のMEGUMIさんでした。

YU-KAちゃんがダンスに出会ったきっかけは、チュチュを着たくて始めたバレエでした。が、チュチュを着たら満足をしてHIP HOPダンスに転向し、小学生時代に同じダンススクールのレッスンを受けていたメンバーがTEMPURA KIDZとしてデビューしました。AOちゃんはビヨンセのライブDVDを観ながら踊っていたことから、ダンススクールに通ってみる?と家族に言われたのがきっかけ。小学2年生から本格的にダンスを始めて既にキャリアはベテランの面々ですね。
そんなTEMPURA KIDZのダンスは本当に個性的で、コンセプトもかなりしっかりとしていてい強い印象を与えます。デビュー当時のそれは、振り付けのマイコさんの世界観の『楽しくてワクワク可愛い』というイメージを受け継いでいました。
が!!!!
最近は、自分たちの表現したいダンスも芽生えててき、自分たちなりのダンスパフォーマンスもあり、今はライブもダンスもセルフプロデュースになっています。今から、まさにオトナになって、これからどう変わっていくのか、本当に楽しみです。
海外でも大活躍のTEMPURA KIDZ。海外では到着したらメンバー全員でホテル周辺の散策をするのが日課だそうですが、現地に行ったからには現地のモノを食べるなどアクティブなTEMPURA KIDZ。昨年はベトナムできっちりと採寸をしてアオザイを作ったとか。楽しい思い出もたくさん出来ています。

メンバーのプロフィールも聞き出しましたが、AOちゃんは「冷静で落ち着いているタイプ」。皆がはしゃいでいても、一歩外から見ている感じがMEGUMIさんと似てる!とか。そしてYU-KAちゃんは、「おっちょこちょい」。食べ物もよくこぼすとか、、、白い服は着れらないんですと本人の自覚ありwww ちなみに、今回ゲスト出演はなかったKARINちゃんは、ムードメーカーで、甘えん坊の末っ子で皆の人気者タイプ。唯一のP→★君は、やりたいことがハッキリしていて、やりたいことだけに貪欲で頑固な性格。メンバー全員、バラバラだから楽しいけど、アイディアも違うから面白いとか。メンバー同士、お互いが分かりあっているのが絆が強い証拠かもしれません。
中学時代には、喧嘩をよくしていた話から、、ホテルで枕投げをしていたら本気になってKARINちゃんがP→★君に泣かされて、YU-KAちゃんに訴えてくるという可愛い子供っぽいエピソードも。これから、どんな風になっていくんでしょうか。

最後に今の目標は、3月25日に恵比寿LIQUID ROOMで開催されるワンマンライブの成功。今年からは4人でマイクパフォーマンスをするようになって、それがライブをよりいっそう楽しくなってきているのでカタチにしたいと思っているとか。1年ぶりのワンマンライブ、デビューから5年目という節目にTEMPURA KIDZはこんな風にやっていくぞ!という集大成ありながら将来の方向性を示すライブにしていきたいと思っていると力強い言葉を頂きました!!
皆様、ぜひとも足を運んでください。


「idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

昨年11月からスタートしている「MEGUMI監修・デザイン、本当に着たいレイン・ポンチョ商品化プロジェクト」を今週もお届けしています。このプロジェクトは、LOGOSコーポレーション・ソフトライン企画課 鵜飼悠太さんと進めています。前回まではの進行状況は番組アーカイブでお楽しみください。

さて、ポンチョはデザイン候補のフラミンゴ柄、メキシカンネイティブ柄を決定しました。フラミンゴ柄については、総柄にするか、バックプリントにするのかを決めきれず、サンプルを2パターン作ってから決めるというMEGUMIさんのこだわりと、LOGOSの商品への真剣さを感じました。

そして今回は、レインボー柄のバックプリントに使う写真を決定します!  写真は実はLOGOSのInstagramから皆様に募集をしており、たくさんの応募を頂きました。ありがとうございます!!
応募いただいた写真の中から1点を選ぶのですが、1点、1点丁寧に時間をかけながらみていきました。(番組では編集をしておりますが...)どの写真も、ストーリーが浮かぶような素敵な写真ばかりでした。

MEGUMIさんは、どの写真も真剣に見ながら、神秘的だったり、不思議で目を引いたり、爽快感があったり、、、最後にはポンチョをイメージして鵜飼さんと一緒に悩みました。その中で、レトロなカリフォルニアっぽい中に奥が都会っぽくて気に入ってました。一方で、椰子の木がズラーッと並んでいる壮観なレインボー写真にも見入っておりました。

今回は、生地が黒なので色味がハッキリとしている写真が映える、明るめの写真がイメージに近いのではという選考基準を設けました。そして、写真とメッセージのデザインのパターンをMEGUMIさんに提案し、より具体的に写真を決めていきます。
インパクト!を大事にすることにより、決めたのはLAの街っぽい中に虹のある写真に決定しました!これでサンプルまで進めることに、、、
どんな写真が選ばれて、そしてどんなポンチョになるのか?!本当に楽しみにしてください。
今回はバリエーションの中にはユーザーの皆様が気に入るポンチョがあること、間違いなしです!!本当にMEGUMIも大のお気に入りポンチョになっております。
詳しくは番組HPもチェックしてください。

  


【ゲスト・TEMPURA KIDZの告知】
* 3月25日(日)TEMPURA KIDZワンマンライブ「Find A Way」が東京・恵比寿LIQUID ROOMで開催。
* TEMPURA KIDZの最新情報は公式HPをチェックしてください。
* メンバーの素顔はメンバーのInstagramやTwitterなどをチェックしてください。


【MEGUMIさん告知】
*劇団「ヨーロッパ企画」の舞台「続・時をかける少女」に出演。
2月7日~14日 東京グローブ座、2月17日 森ノ宮ピロティホール
http://event.1242.com/special/zokutokikake/

2018年1月のマンスリーゲストは、女優・仁村紗和さん

2018.01/11 スタッフ 記事URL

「CAMP RADIO」2018年1月のマンスリーゲストは、女優の仁村紗和さん。
番組オープニングでは、MEGUMIさんの冬の過ごし方から。週1回のホットヨガと10日間に1回の酵素風呂で、体を温めほぐして気持ちをハツラツにして乗り切るそうです。

ゲストの仁村さんは、寒いのが苦手。真冬のこの時期に既に、春夏の撮影をしているそうで、極限に寒い時には生姜チューブをそのまま吸う(食べる)という秘策で乗り切るそうです。お茶でもココアでも、食べ物にでも何にでも入れてしまうとか。即効性がハンパなく、直後から温まるそうです。粉末よりもチューブの方が効く気がするとか。

そんな仁村さんですが、おしゃれを楽しむのが好きで、冬のファッションでは、しっかり着込んでアームウォーマー、帽子、マフラーなどの小物で遊びながらおしゃれを楽しんでいるそうです。Instagramでは私服姿の仁村さんがチェックできます!

そして、MEGUMIさんと仁村さんが出演している映画「巫女っちゃけん」のお話で盛り上がりました。この映画で、仁村さんはまさかの!巨乳という設定。「巨乳だから、この役のオファーがきたんじゃないの?」と笑いながら聞くMEGUMIさんに「だって、コレですか?」と、胸を張りながら答える紗和さんに思わずスタジオが笑いに包まれたのですが「『女の価値はおっぱいの大きさで決まる』という台詞があるんですが、人生で巨乳を経験できること少ないので楽しみました」と可愛い紗和さん。セクシーなファッションも多く、男性を振り回すフェロモン系の巫女さんだったそうです。

撮影地は、福岡県の宮地嶽神社。森の囲まれた癒される素敵な場所だったそうで、ドローンカメラでは背景に森、眼下に海というすごい景色が撮影されているそうです。神社から見える海に夕日が沈む夕景が素晴らしく美しいという絶景の撮影地。また、この神社には全国からの修行僧の方々が修行に来るという由緒正しき崇高な神社で、神事や巫女さんの所作によって、自分が整ってそれが幸せにつながるという教えが映画にも共通したテーマであり、そても心地よかったそうです。映画でも所作や神事も丁寧に描かれているのが見所の一つ。

グ・スーヨン監督のこれまでの作品とは違った感じなのが、MEGUMIさんはとても良かったと語られていました。現場では、グ監督が出演する小さな男の子と話すニマニマ具合がとっても良かったと、紗和さんも裏話をしてくださいました。ちなみに、MEGUMIその男の子のダメな母親役です。番組のトーク中に「映画に出てくる女は、本当にヤな女だらけ。口悪いし、性格悪いし、プライド高いし、今、気づいた!グ監督すごいな~」と言うMEGUMIさん。映画の中では紗和さんも嫌な女っぷりを発揮しているそうです。
映画「巫女っちゃけん」は1月20日から福岡にて先行公開。全国では2月3日から公開です。皆様、お楽しみに!

番組恒例のアウトドアについてのトークも聞き出しました。プライベートでは、アウトドア派だとか。フィルムカメラで写真を撮るのが好きで「撮影に行くぞ!」と決めて出かけることが多いのだとか。キャンプは友達に連れられて、弾丸で富士山の見える湖に行ったそうですが、その日に見た朝日がものすごくキレイで、弾丸で大変だったことを全部、忘れてしまうくらいイイ時間だったそうです。「キャンプではシチューを作ったのですが、味が決まらなくてカップラーメンを入れてみたら、味を整って美味しかった!」という紗和さんに、「カップラーメンは味がしっかりしてるから、そりゃ、それなりに美味しいでしょうね」と冷静にツッコムMEGUMIさん。でもアウトドアならでは!の家では絶対にやらない調理、味付けが楽しいですよね~。
事前アンケートの「日向ぼっこをよくします」という回答に、「女優っぽくない?」とMEGUMIさん。爆笑の2人で、やりとりが絶妙でした!

とってもフレッシュな仁村紗和さんは将来、映画女優になりたいです!とはっきりと名言され、真っ直ぐに前を向いた姿は本当に凛として美しかったです。これからは時代劇にも挑戦したいそうですが、似合いそうですね。これから将来が、とてもとても楽しみな女優さんですね。


「idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

2017年11月からスタートした「MEGUMI監修・デザイン、本当に着たいレイン・ポンチョ商品化プロジェクト」を今週もお届けしています。このプロジェクトは、LOGOSコーポレーション・ソフトライン企画課 鵜飼悠太さんとの共同で進めています。前回までにレインコート・ポンチョのサンプルを見ながら、仕様のフードのツバの長さや袖口などの細かい部分を再々修正し、更にデザイン(柄)をチェックしました。丁寧に進めています。

今回のポンチョは、フラミンゴ柄、メキシカン・ネイティブ柄と写真プリントにメッセージを載せた3パターンの展開を予定しています。

そこで今週は、メキシカン・ネイティブ柄!
ネイティブ柄はメキシカンラグのような総柄で作りたいというMEGUMIさんのアイディアから生まれ、色々な配色パターンから大きな紙にプリントを2パターン、提案してみました。

鮮やかな色合いのネイティブ柄で、配色の幅や色見、デザインの上下など何度も何度も検討しています。感性、センスが必要とされるポイントですが、色は、配色の幅を狭めたバージョン。ひし形の柄は1個でインパクトを出すのがイイですねという結論に。
明るいカラーで鮮やかなのでオシャレ!「そうとう可愛いですね!!男性でも女性でも着るだけでオシャレになるような仕上がりになりそうです。」というMEGUMIさんの力強い言葉をいただきました~。

そしてレインボウの写真を使い、チャップリンの名言をメッセージを入れたデザインについて、途中経過を報告しました。投稿して頂いた写真をじっくり吟味でしています。どんな仕上がりになるのでしょう?!?!
今年のフェスシーズン、本当に楽しみにしてください。ユーザーの皆様が気に入ること間違いなしのポンチョをお届けできると思います!!

詳しくは番組HPもチェックしてください。

 


【ゲスト・仁村紗和さんの告知】
* AbemaTV初のオリジナルドラマ「#声だけの天使」に出演。1月15日から毎週月曜日よる10時から。ご覧下さい。
* 2月3日全国公開の映画「巫女っちゃけん」にも出演。福岡では1月20日からの先行公開。

【MEGUMIさん告知】
*劇団「ヨーロッパ企画」の舞台「続・時をかける少女」に出演。2月7日~14日 東京グローブ座、2月17日 森ノ宮ピロティホール
http://event.1242.com/special/zokutokikake/








2018年1月マンスリーゲスト 女優・仁村紗和さん

2018.01/04 スタッフ 記事URL

「CAMP RADIO」2018年1月のマンスリーゲストは、女優の仁村紗和さん。実は仁村紗和さん、初のラジオ出演!!記念すべき初出演、ありがとうございます。紗和さんとMEGUMIさんは、2月3日に全国公開予定の映画「巫女っちゃけん」で共演をしているといるのですが、同じシーンがなかったので、ちゃんとお話しするのは初めてという関係でした。

原宿の竹下通りでスカウトされたことをきっかけにモデル・デビューをした仁村紗和さん。CMで、あのインパクトのある娘は誰だ?!と話題になりブレイク。その後はモデルのほかドラマ、映画にも出演をしている女優さんですが、去年は舞台にも初出演。原作がギリシャ神話のお話で自分の役名すら難しかった中、共演者もそうそうたる本格的な俳優さんたちばかり。緊張とプレッシャーが凄すぎて、必死すぎて気づいたら終わっていたワケの分からないままに終わって、千秋楽の後には2度とやらないといき気持ちだったそうですが、振り返ると楽しい達成感があり、またやってみたいという女優魂に火が付いたそうです。

仁村さんは1月15日から毎週月曜日よる10時から、AbemaTV初のオリジナルドラマ「#声だけ天使」にヒロインとして出演します。セリフを覚える苦労は俳優ならでは。MEGUMIさんは何ページもあるような長台詞では、自分で吹き込んでそれを音源として聴きこむという方法。紗和さんには新鮮なお話だったようです。ほかにも役作りについて、MEGUMIさんとの俳優論がとても盛り上がりました。これからの活躍がますます楽しみですね。

そんな紗和さんは大阪出身。大阪の人は本当にお喋りが上手だよねというMEGUMIさんの疑問に対して、大阪は個性を出していかないと生き残っていけない文化で、『おもんないな』という評価が一番辛いという独特な大阪文化を解説。東京では、大人しくて出しゃばらないタイプがモテがちですが、一方、大阪では「ツッコミ」が上手で気立てのイイ女の子がモテるという分析。納得でした。

男性はやはり、面白い人がモテる!でも、他人をいじって生まれる笑いは大爆笑にはならい。真の面白さではない。自分をネタにして、場を盛り上げるタイプが本当に面白い男ではないかと話してくださった紗和さん。紗和さんの好きなタイプは、面白い人でした。イイ人がみつかるといいですね。
映画「巫女っちゃけん」の撮影裏話、撮影地の凄いトコロのお話も伺いました。


「idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

今週も「MEGUMI監修・デザイン、本当に着たいレイン・ポンチョ商品化プロジェクト」を進行しました。このプロジェクトは、LOGOSコーポレーション ソフトライン企画課 鵜飼悠太さんとの共同で進めています。先週までにポンチョのデザインがほぼ決定しました。これまでの経緯は番組HPか過去のアーカイブスをお楽しみください。

今週は、前回の打ち合わせで出された改善点などを修正したポンチョのサンプルを再チェックして使用の決定。そしていよいよ上がってきたデザイン案を見てみました。
サンプルで生地も確認し、その薄さからたたむとかなりコンパクトになることが分かりました。しかし、濡れたポンチョをしまうことを考えると、今の収納ポーチはちょっと小さいという、ユーザー目線の意見も。
袖口のボタン、紐の長さ、紐の先端にLOGOSのロゴ、フードのツバ、ポケットなど細かい点をチェック。袖口やフードのツバのLOGOSらしいこだわりにMEGUMIさんも感激でした。

そして、デザイン(柄)をチェック。大きな紙に柄をプリントして見せています。フラミンゴの総柄は、ピンクとカーキを準備しました。もう1種、バックプリントのパターン。MEGUMIさんのイメージとぴったり。本当に悩んでいました。さんざん悩んだ挙句、他のパターン(ネイティブ柄とレインボウのフォトプリント)のを見て、バランスを考えて最終的にどれにするかを決めることに。皆さんは、どの柄がお好みでしょうか?
フェスシーズンを創造するだけで楽しくなって、テンションが上がります!!
皆様、本当に楽しみにしていてください。
LOGOS番組公式HP

  


【ゲスト・仁村紗和さんの告知】
* AbemaTV初のオリジナルドラマ「#声だけの天使」に出演。1月15日から毎、週月曜日よる10時から。ご覧下さい。
* 2月3日全国公開の映画「巫女っちゃけん」にも出演。福岡では1月20日からの先行公開。




12月マンスリーゲストは、 ホフディランの小宮山雄飛さん

2017.12/14 スタッフ 記事URL

12月のマンスリーゲストは、ホフディラン・小宮山雄飛さん。MEGUMIさんは金沢によく行くので、寒い時期には蟹と鰤を堪能しているというトークからスタートしました。小宮山さんは、カレー鍋の中でも「カレーのしゃぶしゃぶ」がお気に入り。カレールーで味を付けるというよりも油で味を付ける中国の火鍋に近いそうです。実は、香辛料というのは液体よりも油に味や香りが付くので、オイルにスパイスの香り・味付けをしてから汁を作ると、くどくなく軽いのに、スパイス感を楽しめる本格的で味わい深いしゃぶしゃぶで、野菜をいっぱい楽しめるカレー鍋になるそうです。MEGUMIさんは、レシピ本の通りにスパイスを使ってカレーを作ってみるのに、全然味がないというお悩みが。小宮山さん曰く「インドとかでは出汁を取らないので、日本人的には薄い、旨味がないと感じます。簡単に解決するにはブイヨンを足すことですが、食材で味わいを出すなら具を増やすといいですよ。例えばキーマカレーだと失敗しにくいですよ。」熱いカレー論は本当に勉強になりました。MEGUMIさんの悩みも解決です。

番組では、さらに今のホフディラン2人の関係性を伺いました。相方のワタナベイビーさんは、小宮山さんの5歳年上で2018年には50歳になるそうです。MEGUMIさんは勝手に年下だと思っていたそうですが...見えないですよね。最近ではベイビーさんがギターを持つのが重いと言い出したそうで、、、ミュージシャンなので楽器は自分で持つというポリシーがある小宮山さんも苦笑。「楽器だけは持っていればミュージシャンはかっこいいと思うんですが、簡単に手放しまして、最近は自分がケアをしないといけないと感じることもしばしば。(笑)」 ステージでMCを2人でするので、楽屋では2人でお喋りをすることはあまりないそうですが、最近、ワタナベイビーさんが楽々ホンのようなスマホを持っているので、LINEやメールでやりとりをすることも増えたとか。このままずっと30周年、40周年を迎えて欲しいです。
2018年、ホフディランはライブツアーをやって、コンスタンスに作品を発表していきたいと思っているそうです。心配なのは"ワタナベイビーの体力"というトークになり、「お散歩から始めていただいて...」というMEGUMIさんの提案でしたが、「ジョギングを始めて初日に腰を痛めたといって挫折したんですよ」という、どこまでもワタナベイビーさんらしいエピソード満載でした。www

そしてアウトドアについてのトークを繰り広げました。小宮山さんは飛行機が好きで、離着陸が見える公園で飛行機を見ていたい。しかもBBQとかアウトドアを楽しみながら、離着陸がすごく近くで感じられる沖縄とか大阪で1日中過ごしたいと思っているそうです。

そして、小宮山さんは今年、上海ディズニーランドに一人で行かれた時のお話。上海ディズニーランドは、最先端なテーマパークになっているそうで、ディズニーランドでありながら日本人のイメージとは違うものだったとか。そして、乗り物に乗るとサービスで写真を撮られますが、一人で行くので全く誰も知らない人と写っている写真が出来るのですが、それを買うそうです。トロンという乗り物に乗った時の写真は、全く知らない子供と笑顔の2人。それを買って居間に飾っているとか。「相変わらず不思議な方ですね~」と関心しきりのMEGUMIさんでした。
2018年には、日本各地を一人で廻ってみたいなと思っているそうです。
好奇心旺盛な小宮山さんのお話は興味が尽きません。そのお話はぜひ!この番組でしっかり伺いたいと思います!!次のご出演が楽しみですwww

番組のエンディグでは、2017年を振り返りました。10月19日に19年ぶりに古巣・ポニーキャニオンから「帰ってきたホフディラン」がリリースされ、音楽も充実した活動をされました。実は、「帰ってきたホフディラン」として発表した作品は2年ほどずっと作り溜めていたそうで、それが古巣からリリースすることになるとは?!?という驚きもあり、本当に"開運"な年だった。先週も話題にしましたが「雄飛・なめ子の噂の開運ツアー」のおかげかも...実は、その連載でコーヒー占いに行ったら、人生で初めて「お祓いした方がいい。イイ意味で(?)お祓いをしたら、2018年は本業の音楽で成功する」と言われたそうで、、、お祓いに行く予定だとか。ますますの活動が楽しみですね。



「idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

「idea time5-800」は、11月から始まった「MEGUMI監修・デザイン 本当に着たいレインポンチョ商品化プロジェクト」。協力してくださっているスタッフは、レインフェア開発などを担当されているLOGOSコーポレーション・ソフトライン課 鵜飼悠太さんです。
この企画は、MEGUMIさんがユーザーを代表し、雨だからという妥協をせず、本当に着たいポンチョをLOGOSさんと共に商品化を目指しています。今週は、先週に引き続きデザインのお話。3柄(パターン)の作成を検討していますが、前週まで「フラミンゴ柄」と「グラフィックとメッセージのプリント」のアイディアを揉みました。こちらの柄については、番組アーカイブをお楽しみください。
そして3つ目の候補がネイティブ柄の総柄。今回、MEGUMIさんは色々なネイティブ柄の案を持ってきていました。画像の他にも「LAで買った我が家のラグ」まで。(笑)数パターンのネイティブ柄を前に、鵜飼さんとネイティブ柄についてトークを繰り広げる様は真剣そのものです。(ラジオ番組でわかり難い点は写真を参考になさってください。すみません。)


 


そして生地がナイロンになった場合を考え、いきついたのはメキシカンのネイティブ柄の配色のポンチョがあったら着たいと思うという意見。持って来た中で、沖縄の奥地の古着屋で見つけたラグのカワイイ柄。配色をこれにして、ひし形などのデザインを入れるアイディア。
悩みは、生地にプリントしてしまうので、ジャスト背中にひし形のデザインがくるとは限らないこと。(製品にして印刷をするのは違う点ですが。)そこで、ストライプだけのパターンと、ひし形が入り乱れているパターンの2タイプ見てみたいというMEGUMIさんの希望。鵜飼さん、サンプルを頑張ります!という心強い答えでした。同柄の収納用の巾着をつけたらカワイイですし、この柄なら他の製品(椅子やテント、タープ)にも応用してもイイですよね!と夢は広がります。鵜飼さんからは帽子やサコッシュの案も!!帽子やサコッシュはフェスには必須ですからね。

果たしてどんなサンプルが出来上がるのか、とってもに楽しみですね。2018年のフェス開催の時期前の発売を目指しています!皆様、楽しみにお待ちください!!
プロジェクトの進行をお楽しみに!!
LOGOS番組公式HP





【ゲスト・ホフディランの告知】
* 10月18日にはニューアルバム「帰ってきたホフディラン」リリース
* COUNTDOWN JAPAN 17/18にホフディラン出演決定!ホフディランの出演は、2017年12月30日(土)です
* ホフディランの最新情報は公式HPをチェックして下さい。

聞き逃した方もぜひぜひ番組アーカイブスでお聴きください♪
アーカイブスは番組公式HPからチェックできます!  

12月マンスリーゲスト ホフディラン 小宮山雄飛さん

2017.12/07 スタッフ 記事URL

12月のマンスリーゲストは、番組3回目の出演になるホフディラン・小宮山雄飛さん。オープニングは、準レギュラーと認定している(?)小宮山さんですが、ちょっと期間が空きましたというお話から「LOGOS店内に行くたびに、あれ?まだ呼ばれてないな。」と、寂しくてゲッソリと痩せてしまったほど番組に思い入れがあったと語る小宮山さん。大変、失礼しました。おかえりなさい。

ホフディランは、10月18日に19年ぶりにポニーキャニオンからニューアルバムをリリース。そのタイトルが「帰ってきたホフディラン」という素晴らしいタイトルです。デビューから3作目までがポニーキャニオンで、その後、色々なメーカーなどから作品を出し、今年、19年ぶりにポニーキャニオンで出すというご縁が。そのいきさつが凄い!ナント、21年前、ホフディランのデビュー当時のアーティスト担当だった吉村さんが、気が付いたら社長になっていたそれをきっかけに今回の再びリリースすることに。時間の経過ってすごいねぇ~としみじみしたお2人。さらに当時のスタッフさんがまだ在籍されていることもあり、ホフディランとしては本当に"帰ってきた"感が強いそうです。

ホフディランのニューアルバム「帰ってきたホフディラン」をリリースした反応は、タイトルのせいなのか「久々に聴きました」という方も多くて、集客が1割増え"帰ってきた"効果があったそうです。「辞めていたワケでもなく再結成でもないのに"帰ってきた"と宣言していることは、ちょっと詐欺ですよね」と笑う小宮山さんでした。本当は立ち止まることなく20年間続けることは本当に凄いことです。

アルバム楽曲は、デビュー前の曲を掘り起こしたり、初期のホフディランの楽曲テイストを出すために半分くらい録り直したとか。小宮山さんの作詞作曲は新曲ですが、相方・ワタナベイビーさんの曲はデビュー前の20年以上前の曲をやったのが面白かったそうです。またジャケットもファーストアルバム「多摩川レコード」をオマージュした作品になっている話に。「帰ってきたウルトラマンのように、ホフディランが大きくなっている」というコンセプトだそうですが、「大きいですね~。かなり大きくなりましたね」としみじみするMEGUMIさん(笑)ジャケットは皆様、ぜひ手に取って「多摩川レコード」と見比べてみてください。番組ではニューアルバム「帰ってきたホフディラン」からのたくさん曲を紹介しました。ホフディランらしくもあり、新しい一面も感じるニューアルバム。ぜひ手に取ってじっくり聴きこんでください。

番組では続いて、小宮山さんの個人活動のお話。昨年3月から辛酸なめ子さんとやっている話題のYahoo!ライフマガジンの連載「雄飛・なめ子の噂の開運ツアー」について。小宮山さんはスピリチュアルなことは全く信じないそうなのですが、連載が始まってからナント!新連載が6つ、ラジオのレギュラー2本、TVのレギュラーが1本、そしてホフディランがポニーキャニオンからリリースが決定。まさに開運、きてます!!MEGUMIさんも大興奮。

取材しているのは、一般的に開運として有名な場所を巡るのではなく、マイナーなオルタナティブな開運スポットを訪ねています。例えば、手を触れずにたこ焼きの味を変えられると主張するおじさんや、宇宙船を呼べるアプリを開発した人とか、花札占いと言いながら手品だったりとか、リワインドセラピーとか、、、辛酸さんが毎回、探してくるそうですが。MEGUMIさんも興味津々。小宮山さんの感想やエピソードは、不思議でもり爆笑でもあります。でも本当に運気がUPしているのは事実。

そしてエンディングでは、今年2017年に記憶に強く残っている出来事についてお話を伺ったところ、ビックリ!実は、カレーの実店舗を持ちませんか?というお誘いが3つほどあるとか。まさに開運パワーです。
そうなると、これまでのグルメ評価が食べた味のことだけではなく、経営目線でも見るようになり「値段を頑張っている」とか「オペレーションがちゃんとしている」とか、新しい価値観が出て新鮮だそうです。エリアは、渋谷の観光大使なので渋谷界隈でも、、、と言いながらもこの番組を聴いている飲食店オーナーや社長さんがいて、「小宮山にカレー屋をやらせてみてもいいなと思った方は、ぜひご一報ください」という珍しいメッセージでした。
そのほかにも、本当にエネルギッシュで探求心あふれる小宮山さんのお話は興味が尽きません。次週もぜひお楽しみに!!


「idea time 5-800(ゴートゥーハッピャク)」のコーナー

「idea time5-800」は、11月から始まった「MEGUMI監修・デザイン 本当に着たいレインポンチョ商品化プロジェクト」第4弾です。MEGUMIさんがユーザーを代表し、雨だからという妥協をせず、本当に着たいレインウェアをLOGOSさんと共に商品化するプロジェクト。2018年のフェス開催の時期前を目指して、始動しております。協力してくださっているスタッフは、レインフェア開発などを担当されているLOGOSコーポレーション・ソフトライン課 鵜飼悠太さんです。

前回は、鵜飼さんが持ってきたサンプルを元に、ポンチョのカタチを決定しました。鵜飼さん渾身のさんサンプルにMEGUMIさんは大絶賛。やる気がみなぎってくるのでした。

そして今週は2週にわたりデザイン、柄のイメージ、メッセージプリントのイメージを決めることに。3柄(パターン)を目指すことになっていますが、1つはフラミンゴ柄。2つ目がグラフィックとメッセージのプリント。そして3つ目がネイティブ柄の総柄。MEGUMIさんが自分で各イメージの画像を持ってきました。気になった画像をプリントアウトして切って紙に貼った指示書を持って来ていました。平成のこの時代に超アナログですが、イメージの共有にはバッチリです!

本題の柄については、フラミンゴは2つのデザインで悩んでいるそうです。総柄がかわいいと思うのですが、かわいいけど女の子寄りすぎてユニセックスになり難い。そこで、ネイビーにフラミンゴを配置する案も考えたのですが和柄っぽくて、浴衣の鶴に見えなくもないとか...だったら、フラミンゴとヤシの木にFlamingoという文字を付けるというアイディア。

一方で、フラミンゴ・ホテルという架空のホテルのスタッフ用ユニフォームポンチョという設定にして、フラミンゴ・ホテルとロゴにしてホテルらしく☆も付けたらユニセックスにもなるかなという案も考えてきました。鵜飼さんからは、カーキの色だと軍っぽい感じになって男性でも着やすく、女性でもちょっと色気が出るのかなぁというコメント。さすがプロの意見です。

そしてグラフィックでは、雨が止むと虹が出ることから、街中に青空があって虹が出ている、欲を言えばLAやHAWAIIなどのオシャレな街の虹の写真を背中に縦にバーン使う。そしてその下にチャップリンの名言「You'll never find a rainbow if you're looking down.」 (下を向いていたら、虹に気が付かないよ)というメッセージ。雨が降っている日だからこそのメッセージで、くじけそうになる雨の日に元気づけたいという考えに、鵜飼さんもジーンと感動。問題は虹は、写真をそのままではなく、ちょっとイラストっぽくするとか、加工をした方が格好イイこともあるそうです。果たしてどんなグラフィックになるのか、本当に楽しみですね。

ネイティブ柄については次週に持ち越しですが、来週もお楽しみに!!
LOGOS番組公式HP


【ゲスト・ホフディランの告知】
* 10月18日にはニューアルバム「帰ってきたホフディラン」リリース
* COUNTDOWN JAPAN 17/18にホフディラン出演決定!ホフディランの出演は、2017年12月30日(土)です
* ホフディランの最新情報は公式HPをチェックして下さい。

聞き逃した方もぜひぜひ番組アーカイブスでお聴きください♪アーカイブスは番組公式HPからチェックできます!

新着記事一覧

新着一覧はコチラ