【迷わず行け】ゲスト石田勝紀さんの最終回「夢は日本の教育を変えること」 [Bizステージ]
2011/05/26(木) 00:00

石田さんに今回のテーマである個人としての夢とビジネスの夢を教えて下さい。とお伺いしたところ「自分のミッションは『日本の教育を変える』だと思っていて、今そこに携わっているので楽しんでやっています。いい意味でプライベートとビジネスの夢が一致しているので分ける必要はありません。」という前向きなお答え。ポジティブな言葉は私たちにも勇気を与えてくれます。

実際、石田さんは塾を経営し、私学経営も経験して、県の教育委員にもなってきました。そして最近は海外に積極的にでかけて現地の教育を見てきています。

その経験を踏まえて、日本の教育をどうしていくべきか。今回はその具体的な方策を提案しています。そしてどうやってその変革を実現するか。そのために今も勉強を続けているとおっしゃっています。

ぜひ、今回の番組で石田さんの夢のかなえ方、前向きな姿勢、そのプロセスを聴いていただいて皆さんの夢と重ね合わせてみてはいかがでしょうか。


【迷わず行け】第7回はゲスト石田勝紀さん提唱のグローバル教育についてです。 [Bizステージ]
2011/05/19(木) 00:00

日本の教育は「WHAT」(何をしているか)「WHICH」(どっちを選ぶかとか)の知識偏重型。でもこれからの日本に必要なのは「WHY」や「HOW」:問題意識を持つこと。

石田さんが提唱するグローバル教育とは覚えることだけじゃなく、考える力をつけようということ。英語を話せる人をたくさん作るということでは必ずしもありません。それではそのための具体的な方法は?

ぜひその内容をこちらからお聴きください!


【迷わず行け】第6回のテーマはポジティブな言葉を使おう!しつけの重要性とは?ゲストは石田勝紀さんです。 [Bizステージ]
2011/05/12(木) 00:00

前回、ゲストの石田勝紀さんは宿題を出さなくても授業中に十分理解のための時間は取れて成績アップはできる。と語っています。

でもそれを可能にするための前提条件があるとのこと。
まずは心の状態をプラスに保つために、ポジティブな言葉を使う。そして、「しつけ」によってよい生活習慣を作ると成績も上がるし、そのよい習慣は大人になってからも成果を上げるのに役に立つ、とのこと。

それでは具体的なポジティブな言葉の使い方は?しつけって何をするのか?

その中身はこちらでぜひお聴きください!


【迷わず行け】第5回からのゲストは石田勝紀さん。テーマは「どうやったら成績は上がるのか?」 [Bizステージ]
2011/05/05(木) 00:00

パーソナリティの根本さんはアクティブです。出張でニューヨークに行っていた時9・11のテロに遭遇。それをきっかけに心のありようを考えだし、今はメンタルコーチとして活躍中なのですが、事件直後から思い立って毎週のように自己研鑽の研修に通い詰め、その数は100以上に渡ったそうです。

今回のゲストの石田さんも、根本さんが教育に興味を持って「郁文館のことを訊きたい」と思い立って、ワタミの渡邉美樹さんに会いに行ったその時に、知り合ったのが石田さん。こうやって行動して人に会って話をして、人脈を広げています。このシリーズのゲストはそうやって知り合いを増やしている根本さんが直接ブッキングをしています。

今月の「メンタルタフネス~迷わず行け~」のゲストは学習塾 緑進学院代表の石田勝紀さん。自分の挫折経験に基づいた「しつけ」によって成績や実績を上げるメソッドを確立していて、「成績は100%上がる」。おとなになってもこの習慣は生きて仕事の成績も上がるとおっしゃっています。

その方法論をぜひこの4回のシリーズで皆さんにお伝えしていきます。

今回のテーマは「どうやったら成績は上がるのか?」石田さんは宿題も出さない、テストもやらないそうです。授業時間中にインプットの時間をしっかり設けます。ではどうして子どもは喜んで授業に通い、しっかり覚えて、成果=成績アップができるのか。ここをぜひ番組内でお聴きいただきたいと思います。

番組はこちらからお聴きください。