第8回収録より [番組スタッフより]
2008/11/21(金) 20:28 番組スタッフK

みなさん、番組のプレゼントクイズはもうお申し込みいただきましたか?バンダイナムコゲームスの最新ゲームソフトをどどーんとプレゼントしちゃいますよ。応募がまだの方、いまからでも間に合いますので、番組を聴いていますぐご応募ください。
くわしくはこちらをご覧ください。


さて、第8回配信ではWii用ソフト『スカイ・クロラ イノセン・テイセス』をご紹介しました。
ラジオ局のスタジオはテレビ局と違って4畳くらいのスペースがあれば十分収録ができるんですが、Wiiのソフトをご紹介する時は普通のスタジオを使っていると思いっきり動けないんですよね(テレビも入れなきゃいけないし、マイクも別に立てるためマイクスタンドをたてなきゃいけなかったり・・・)。当社のスタジオも大きなスタジオは少ないんですが、Wiiの収録の時は当社で一番大きな第2スタジオで収録をしています。

収録前、出演者やスタッフが集まってくる前に、スタジオに大きなテレビを運び込み、Wiiを接続し、テレビに映るかどうか確認し、うまくWiiリモコンと接続するかどうか確認作業をするのですが、ただ接続を確認するだけではつまらないので、ついついプレイしながら確認しちゃうんですよね。
この日は『ハッピーダンスコレクション』で試したのですが、広いスタジオでのびのびと動けてしまうため、誰もいないことをいいことに一人で全力で踊ってしまいました_| ̄|○
1回踊ったのですが、50点しか取れなかったので、もう一度挑戦したらもう汗ダラダラ(笑)。2曲踊ってはーはーしていたら受付から「番組出演の瀬尾さんがいらっしゃいましたー」と。そのあと松本さんやスタッフも集まってきたんですが、打ち合わせ中も依然汗が止まらず・・・。ちょっと熱中しすぎました_| ̄|○


小塚アナ「気持ちいい」、瀬尾ちゃん「気持ちわるいー」

さてさて今回ご紹介した『スカイ・クロラ イノセン・テイセス』ですが、本当に画面がすばらしい!!加藤さんのお話にもありましたが、とにかくたくさんの取材とたくさんのこだわりがこのゲームの中には濃縮されています。

今回番組の中ではデモゲームをプレイしたのですが、お聴きの通りめずらしく小塚アナが瀬尾ちゃんに勝ってしまう大番狂わせ。スタッフ一同も???だったのですが、どうやら本人は東京ゲームショウでプレイさせていただいた時から自信を持っていたらしく、いちいち敵を撃墜するたび「どや顔」でこちらを見てきました( ´Д⊂ヽ


ちっ( ̄△ ̄;)

こっちは心の中で「うまくできちゃったら小塚アナの悪口ネタ、書けねえじゃないか!!!!!!!!このヤロウ」と思いながら見ていましたが(笑)、「偶然」「たまたま」「まさか」「よもや」「番狂わせ」「あにはからんや」「窮鼠猫をかむ」・・・まあたまにはこういうこともありますね。

画面の一番下にすばらしい映像を掲載いたしましたのでご覧ください。

次回は昨年ご紹介したアノ名作ソフトの第2弾ソフトをご紹介しますよー。
次回もどうぞお楽しみにー!!



(C)2008 森 博嗣 / 「スカイ・クロラ」製作委員会 (C)GeoEye     (C)JAPAN SPACE


コメント