会社案内

プレスリリース


ラジオNIKKEIからのプレスリリースです。

個人投資家アンケート ~ラジオNIKKEI「ザ・マネー」アンケート集計結果~ ~ラジオNIKKEI「マーケットプレス」アンケート集計結果~ [プレスリリース]
2013/05/10(金) 17:35 
個人投資家アンケート
2013年日経平均株価
最高値 15,000円台 30.3%
18,000円台 23.5%
16,000円台 20.5%
20,000円超 5.3%
~ラジオNIKKEI「ザ・マネー」アンケート集計結果~

直近のドル円、上値メド
110円   28.1%
106円   14.3%
120円以上 10.8%
~ラジオNIKKEI「マーケットプレス」アンケート集計結果~

10日の東京株式市場は、外国為替市場で円相場が約4年1ヶ月ぶりとなる1ドル=101円台まで値下がりしたことを受けて日経平均株価も約5年4ヶ月ぶりの1万4600円台を回復して取引を終えました。
ラジオNIKKEIでは、アベノミクス効果と言われている「円安・株高」について、今後の見通しを日経平均株価については「ザ・マネー」(月~金 16:00~16:45)で、ドル円については「マーケットプレス」(月~金 9:00~11:35、12:30~15:10)でアンケート調査しました。どちらの番組のリスナーも、ほとんどが個人投資家で、若年層から高年齢層まで幅広く、経済や投資に興味のある方々に聴かれています。そうした経済や投資に関心のある人々が最近の株価・為替状況をどのように評価しているのでしょうか。
まず、2013年の日経平均株価最高値については、15,000円台がトップで30.3%、続いて18,000円台の23.5%、16,000円台の20.5%が多数を占め、20,000円以上という回答も5.3%ありました。
直近3ヶ月のドル円相場については、110円と予想しているリスナーが28.1%、続いて106円の14.3%、120円以上の10.8%と続き、100円がいっぱいいっぱいと見ているリスナーは8%にとどまりました。

2つの番組のアンケートでは、投資家リスナーのあいだでは、しばらく円安傾向は続くと見ており、日経平均株価も現在よりさらに高値を目指すと予測しています。"景気は気から"と言いますが、個人投資家は本格的な景気回復を期待しているという気持ちが表れた数字とも捉えられるでしょう。


■2013年日経平均株価予測のデータ採取方法
2013年4月15日(月)~4月27日(土)の期間で『ザ・マネー』番組リスナープレゼント企画を実施。番組HP内にあるプレゼント応募フォームにてweb調査を行ないました。

■有効回答数 264件

■回答結果「2013年の日経平均株価の最高値は次のどのレンジになると思いますか?」(投票総数264)
・14,000円台 6.8%(投票数18)
・15,000円台 30.3%(投票数80)
・16,000円台 20.5%(投票数54)
・17,000円台 9.1%(投票数24)
・18,000円台 23.5%(投票数62)
・19,000円台 4.5%(投票数12)
・20,000円以上 5.3%(投票数14)

■円ドル相場見通しのデータ採取方法
2013年5月10日(金)『マーケットプレス』の番組HP内にあるリスナー参加型のブログ企画「ご意見伺います」にて、集計ツールを使ってアンケートを実施。なお、「ご意見伺います」は、毎日(月~金)違った質問でアンケートを実施しています。http://market.radionikkei.jp/marketpress/goiken/ をご覧下さい。

■有効回答数 午後3時までに「3ヶ月のドル円上値メドは?」に231件の回答

■回答結果「3ヶ月のドル円上値メドは?」(投票総数231)
・120円以上 10.8%(投票数25)
・120円 6.9%(投票数16)
・118円 3.9%(投票数9)
・116円 3.9%(投票数9)
・114円 1.3%(投票数3)
・112円 3.0%(投票数7)
・110円 28.1%(投票数65)
・108円 4.8%(投票数11)
・106円 14.3%(投票数33)
・104円 10.4%(投票数24)
・102円 4.8%(投票数11)
・100円ここらへんでいっぱいいっぱい 8.0%(投票数18)


※このアンケートは、あくまでリスナーである投資家の皆さんの自由意思による投票です。回答者を無作為に選んで実施した調査ではありませんので、アンケートの集計結果については、この点を考慮してご覧ください。


以上