会社案内

プレスリリース


ラジオNIKKEIからのプレスリリースです。

ラジオNIKKEI『伊藤圭一のサウンド・クオリア』にグラミー賞受賞の梯郁太郎(かけはしいくたろう)氏ご出演決定! [プレスリリース]
2013/02/21(木) 11:00 
ラジオNIKKEI『伊藤圭一のサウンド・クオリア』に
グラミー賞受賞の梯郁太郎(かけはしいくたろう)氏ご出演決定!

謹啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、最高に功績があった音楽やアーティストに与えられるグラミー賞。そこには、それを支える技術に与えられる、テクニカル・グラミー・アワード(技術賞)があることをご存じでしょうか?
 今や音楽制作に欠かせないシンセサイザーなどの電子楽器。メーカーの壁を超越してコミュニケーションを可能にした「MIDI(ミディ・Musical Instrument Digital Interface)」規格。それ無くして現在の音楽は成立しないとさえ言われる、音楽制作環境を支える大動脈のようなもの。その開発と普及をさせてきた日本人がいます。電子楽器メーカーRoland(ローランド)の創始者・梯郁太郎(かけはしいくたろう)氏。先頃発表された第55回グラミー賞テクニカル・グラミー・アワードを受賞、この部門を個人で受賞するのは日本人初。
 そして、その技術顧問を務めていたのが、当番組のパーソナリティであり、サウンド・プロデューサーの伊藤圭一。彼は、いつも番組の中でこう語っています。「音楽番組のゲストは、音楽家やアーティストが中心で、芸能色が強いものになりがち。でも、成功の鍵を握る陰の実力者をゲストに呼びたい。例えて言うなら、話題の宇宙飛行士ではなく、そのロケットを設計した人に話を聞きたい」と。この顔合わせは、まさにそれが実現したと言えましょう。一般には顔や名前を知られなくとも、陰で支えるとんでもない技術や知識を持った仕掛け人同士。グラミー賞を与えられた梯氏と、"音の魔術師"と呼ばれる伊藤圭一が繰り広げるトークに興味が湧くことでしょう。果たして梯氏はどんな方なのか? 単独インタビューの模様をたっぷりとお送りします。
ぜひ、こちらの番組を一人でも多くの方に聴いていただきたく、貴紙・貴誌にてお取り扱いいただき広く認知していただきたく、掲載のご検討のほど、宜しくお願い申し上げます。

敬白

梯 郁太郎(かけはし いくたろう)氏インタビュー放送番組について

番組名:「伊藤圭一のサウンド・クオリア」
放送・配信日時:2013年2月24日(日) 22時~24時(120分番組)番組内
メディア:・ラジオNIKKEI第1(全国)
     ・radiko(パソコン・スマホで聴く/全国)
     ・番組サイトでのオンデマンド配信(放送後いつでも聴ける)
     ・ポッドキャスト(iTunes Store他からダウンロードして聴く)
      ★オンデマンド・ポッドキャストは一部編集したものをお送りします。
出演:伊藤圭一(サウンド・プロデューサー)
ゲスト:梯郁太郎 氏(ローランド株式会社 創業者)

『伊藤圭一のサウンド・クオリア』とは

   安らぎの空間を求める人達の音楽番組

“音の魔術師”伊藤圭一による、未体験の音楽ゾーンが ラジオNIKKEI 日曜夜に


 パーソナリティを務めるのは、東京の南青山に音楽制作会社を経営し、トップ・エンドの機材を備えたプロフェッショナル・レコーディング・スタジオ「Kim Studio」を所有し、30年近くもの間、日夜サウンドのクオリティを追求し続けている伊藤圭一。その名を初めて聞く人でも、彼が手掛けた音楽は、何処かで必ず耳にしているはず・・・例えば、映画『失楽園』『明日の記憶』、NHK『おはよう日本』、NHKスペシャル『生命』、NTV『ごくせん』アニメ『鋼の錬金術師』『コードギアス』、ディズニー・エレクトリック・パレード等々。手掛けた楽曲は数千曲にのぼる。

 サウンド・プロデューサーとは、レコーディングからマスタリングまで、音楽制作の一部始終に関わり、作曲家や編曲家が作った楽曲に息吹を吹き込み、輝きを与える仕事。楽器や機材、ミュージシャンとの信頼関係など、深い造詣と高度な技術が必要とされる。正に縁の下の力持ち、陰の音の仕掛け人。しかも彼はSONY、YAMAHA、Roland、Digidesignなど大手メーカーの技術顧問やアドバイザーを歴任するほどの実力者。その変幻自在のテクニックから作り出される音楽ゆえ、“音の魔術師”と呼ばれる。

 「サウンド・クオリア」は、「上質な音」「心安らぐ音の空間」をイメージした言葉です。
心安らぐ上質な音楽とは、聴く人にとって、美しい音楽、ゆたかな音楽、健やかなる音楽、癒される音楽のこと。それは、理論的に、医学・心理学的観点からも立証された、動植物さえも癒やされる音楽です。
上質な作品は、膨大な時間や予算がかかるものです。商業主義の音楽や、効率的な作品づくりとは一線を画した、上質の音楽との出会いをお届けします。

 伊藤圭一が、自ら手掛けた作品やサウンド・プロデューサーの感性で選ぶ、お勧めの楽曲を全て自らの技術でリマスタリングし、できるだけフルサイズで聞いて頂きます。ジャンルを超えたあらゆる音楽を取り上げるほか、単に音楽番組としての枠に収まらず、美しい音、やすらぐ音、幸せを感じる音とトークをお聞かせします。番組の最後には、心地よい音楽に包まれて深い眠りに就く、そんな贅沢な日曜日の夜をお過ごし下さい。

過去の出演ゲスト

玉村咏 氏(染色家)
平田直樹 氏(NHK美術担当)
篠崎正嗣 氏(ヴァイオリニスト,RMAJ理事長)
國崎晋 氏(音楽雑誌編集長)
木下正三 氏(スタジオモニター設計者)
平原まこと 氏(サックス奏者,平原綾香氏の父)