会社案内

プレスリリース


ラジオNIKKEIからのプレスリリースです。

『radiko.jp』での配信エリア拡大 4月2日(月)より全47都道府県で聴取可能 [プレスリリース]
2012/02/27(月) 17:00 
『radiko.jp』での配信エリア拡大
4月2日(月)より全47都道府県で聴取可能

ラジオNIKKEI(株式会社日経ラジオ社、代表取締役社長:鈴木健司、所在地:東京都港区赤坂)は、株式会社radiko(代表取締役社長:岩下宏、所在地:東京都港区新橋)が運営するパソコンやスマートフォンでラジオが聴けるIPサイマルラジオサービス『radiko.jp』において、4月2日(月)正午より配信エリアを全47都道府県へと拡大します。
ラジオNIKKEIは、2010年3月15日に開始したIPサイマルラジオ実用化試験の段階から参加してきました。当初の聴取可能エリアは関東1都3県でしたが、順次エリアを拡大し、今回全47都道府県で聴取可能になります。
ラジオNIKKEIは、民放ラジオ局として唯一、日本全国をサービスエリアにしています。『radiko.jp』は地上波ラジオ放送をそのまま同時に放送エリアに準じた地域に配信するサービスであり、現在サービス対象となっていないリスナーの皆様からも、早く『radiko.jp』で聴きたいというご要望を多数頂戴してきました。
これまでにも、ラジオNIKKEIでは当社独自のインターネットライブストリーミングを始め、モバイル、ポッドキャスト、スマートフォンなど、さまざまなメディアを通してお聴きいただけるようにしてきましたが、今回の『radiko.jp』の聴取エリア拡大により、より簡単にご利用いただくのはもちろん、ネットとの連携によって、新しいラジオの楽しみ方を提案し、さらに多くの方のお役に立つ番組を放送していきたいと考えています。