会社案内

プレスリリース


ラジオNIKKEIからのプレスリリースです。

ラジオNIKKEI「赤坂朗読サロン」注目の若手歌人・小島なおさん、朗読教室を初聴講、短歌に込められた気持ちを語る!この模様は2012年1月7日(土)放送 [プレスリリース]
2011/11/02(水) 17:00 

ラジオNIKKEI「赤坂朗読サロン」
注目の若手歌人・小島なおさん、
朗読教室を初聴講、短歌に込められた気持ちを語る!
この模様は2012年1月7日(土)放送






ラジオNIKKEI(日経ラジオ社/本社:東京都港区/社長:鈴木健司)が主催する朗読教室「赤坂朗読サロン」では11月8日(火・午後7時~)、注目の若手歌人・小島なおさん(25)をゲストに迎える。同氏が朗読教室を聴講するのは初めて。

この日の朗読教室では、小島さんの歌集『乱反射』『サリンジャーは死んでしまった』を教材とし、受講生の方々の朗読・講師指導の授業内の随所で著者の立場から短歌をつくった時の気持ちなどを伺います。

当日の授業内容は後日、ラジオNIKKEIの1時間番組「赤坂朗読サロン」で放送。短波での放送とともに、パソコンやスマートフォンでお聞きいただけるradikoでもお楽しみ頂けます。 放送日時:2012年1月7日(土)午後7時~午後8時

※同講座はラジオNIKKEI赤坂本社で開催される武藤直路講師(青山学院大卒、ラジオNIKKEI・OBの演出家)の講座「詩のクリニック」。小島なおさんの歌集『乱反射』『サリンジャーは死んでしまった』からの68首を、受講生の方々が順番に朗読して、武藤講師が解釈などを指導する授業です。

○赤坂朗読サロンとは
ラジオNIKKEIが主催する朗読教室で、開講から17年目を迎える老舗的な存在の講座。月曜日から土曜日まで各曜日にクラスがあります。
いずれもアナウンサー、ナレーター、演出家など声のプロフェッショナルが指導する本格的な講座で、20代~80代の幅広い皆様にご受講いただいています。


プロフィール

小島なお(こじま・なお)


1986年東京都生まれ。93年から2年間在米。2004年青山学院高等部在学中に、若手歌人の登竜門である角川短歌賞を史上最年少で受賞。
2007年に第一歌集『乱反射』(角川書店)刊行。現代短歌新人賞、梅花文学賞受賞。
2009年青山学院大学卒業。
2011年、第二歌集『サリンジャーは死んでしまった』(角川書店)刊行。
同年夏、『乱反射』が映画化される。
現在、会社員と作家活動を両立。
母は迢空賞受賞の歌人、小島ゆかり。